フォト
無料ブログはココログ

« 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 | トップページ | 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん »

2010年5月31日 (月)

川崎市議会を語る会 メールニュース 第14号 (2010/5/23)

先週分ですが、川崎市のこと、市議会改革のこと、日本全体の地方自治のこと、ニュース満載の第14号を掲載します。陳情審査で自民、公明が棚上げを主張し、継続審査になったこと既報です。他に名古屋市での市長と議会の対立等最近の話題が乗せられています。

◆◇◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
   川崎市議会を語る会 メールニュース 第14号 (2010/5/23) 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆◇◆

  事務局からです。
  会員、賛助会員の方及び議会改革に関心の深い方に送付しています。
  転送歓迎です。まだ、少数団体ですので是非多くの方の参加をお願いします。
  最後に会員募集について書いてあります。

   ※※※筆者以外の情報提供者(会員)はAb氏と記載※※※
     ※※※『 』内は蛇足ながらの筆者コメント※※※

● CONTENTs ●

【1】お知らせ・対外活動
【2】「自治体議会」関連ニュース
【3】マスメディア ネットニュース

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】お知らせ・対外活動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

[1]「川崎市議会を語る会」報告

5/21の川崎市議会運営委員会での陳情審査を以下に報告します。
陳情179号 要旨
1)本会議及び委員会での審議等で使用する説明資料を
(ⅰ)会議の傍聴者へ貸出をおこなうこと
(ⅱ)議事録と同時期に議会ホームページに掲載すること
2)本会議及び委員会での審議等で論議される政策の関連資料を
  議会ホームページから簡便にアクセスできるようにすること
各会派の意見
 民主 積極的な公開必要 趣旨採択
 自民 具体化の課題多い 継続審査
 公明 一定のルール必要 継続審査
 共産 原則的に公開必要 趣旨採択

“打者(会派)一巡”で討論もなく、「全会一致でないため、継続審査」

自公の言っていることは当り前で何をやるにしても課題はあり、ルールも必要。これを具体的に議論しないことには委員会審議にならない。議会本来の仕事のはず。これでは仕事をせずに給料を貰っている人々になってしまう。

この陳情の前段でおこなわれた「今後の議会改革等の検討課題」も低調

(1)請願・陳情審査等における 傍聴者への資料提供(1-1)
(2)質問時におけるパネル及び資料表示(1-2)
(3)区長の一般質問等の出席(1-4)

前月と同じ内容の繰返し、自民の“遅延作戦”が問題だ!更に、それを追究できない「仲良し集団」の民公共という図式!これで税金から高給を貰っている集団の仕事か!何一つ成果を上げない形式的で非能率な会議であった。

先にお知らせしたように、本日は河北新報の取材があり、カメラさんのシャッターを切る音に、議員さんたちは、神経を尖らせている様子。
なお、審査終了後、会として取材を受けました。本会として感謝致します。

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】川崎市政・市議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】「自治体議会」関連ニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★
【民間団体】

[1]市民と議員の条例づくり交流会議 http://www.citizens-i.org/jourei/
 配信&意見・情報提供専用アドレス mail-news@gikai-kaikaku.net
■議会基本条例情報 議会基本条例制定状況(「104」条例)(2010/04/27更新)■
http://www.gikai-kaikaku.net/gikaikihonjourei-info.html

[2]東京財団 http://www.tkfd.or.jp/
■お知らせ 公開研究会「地方議会改革は誰のためか~市民の役割と議会の責任」■
http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=150
日時 : 2010/05/26 Wed 19:00~20:30 場所 : 日本財団ビル2階 大会議室
定員 : 100名 参加 : 参加費無料:要申込み

[3]構想日本・事業仕分け http://www.kosonippon.org/shiwake/
■2010年度自治体の事業仕分け 第一弾は高浜市で6月19、20日に開催!■
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=828

【政府・地方自治体】

[4]地域主権戦略会議(内閣府)
 http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/index.html
■第4回(平成22年 4月27日) 議事次第・配布資料 議事要旨■
http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/kaigi/kaigikaisai/kaigikaisai-index.html

[5]地方行財政検討会議(総務省)
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/index.html
■第一分科会・第二分科会合同会議第1回(平成22年5月19日開催)■
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/29395.html
 『地方6団体から自治体のあり方について意見提出、議会側は二元代表制の改善を表明、議員内閣制に強く反対』

[6]行政刷新会議
 http://www.shiwake.go.jp/
■事業仕分け (平成22年4?5月) ■
http://www.shiwake.go.jp/shiwake.html
『ともかく団体がいっぱいあることがわかる』

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4】マスメディア ネットニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

[1]地方自治

横浜市が大都市制度の創設に意欲、背景に地方制度の抜本改革へ向けた動向 5月17日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005170017/
 「分割ではなく、横浜は大都市でやっていく」。企業経営出身の林市長は、「国の成長拠点」としての横浜市の再構築に意欲がある。大都市制度の創設は、国の在り方の表裏ともいえる。

県主導の三セク16法人を事業仕分けへ、知事「県民の目線で検証」/神奈川 5月15日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005150004/
 都道府県が実施する事業仕分けで、三セクを対象にするのは初めて、評価の対象は、法人が行う事業と、県からの補助金など法人に対する県の関与のあり方。

[2]川崎市

川崎市が指定管理者の選び方見直し、外部委員の組織新設 5月20日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005200052/
 外部委員3人で構成する「民間活用推進委員会」(民活推進委)を6月に新設、応募事業者の点数化や適否について、従来は市幹部らが審査、今後は「外部の目」で審査。

都市部の人材不足感が調査以来最高76%に、大手調査で判明5月20日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005200046/
 新事業の立ち上げや新商品開発によって差別化したいと考える企業が増えており、専門性の高い人材の不足感が強まっているという。

坂がちの麻生区高石地区 コミュニティーバス 来月から試行 5月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100518/CK2010051802000068.html

平塚競輪訴訟、鎌倉市が川崎市にも補償の意思 5月18日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005180010/

国際コンテナ港選定で4港湾が説明、横浜・川崎市長「ゼロベースに手応え」5月18日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005180005/
 京浜港、伊勢湾、阪神港、北部九州港湾の地元自治体の首長が国土交通省の検討委員会で計画を説明。

短時間無料の駐輪場新設、歩行者・自転車分離、川崎駅東口地区の基本計画案5月14日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005140036/
19日から、市民意見を募集する。 (1)歩行者と自転車の通行環境の構築(2)自転車利用の誘導(3)駐輪場の整備・活用―の3点。

[3]神奈川県・全国

待機児童 最悪1552人/横浜市 2010年05月18日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001005180005
 市は保育所の新設や増築で定員を1424人増やし3万8295人としたが、不況で増える共働き世帯などの需要に追いつかなかった。

「財政権を害す」 神奈川県検討会が結論  05月21日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001005210001
 「子ども手当」の地方負担が憲法などに違反しているかどうかを検討、「憲法上保障された自治財政権を害するものと評価する余地がある」と結論づけた。

[4]特集

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 河北新報 長期連載 変えよう地方議会 ■
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 読売新聞 橋下 府政改革 ■
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 中日新聞 河村vs市議会 ■
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★
市議報酬、見直し活発化 3会派,6月議会に対案提示へ 5月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010051502000184.html
民主、自民、公明の3会派は同月中旬に意見を集約し、会期末までに議会としての対案をまとめる方針だ。各会派とも、一定の削減は必要との認識では一致している。

名古屋市 議長に横井氏選出 市長と面談、減税で火花 5月21日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010052102000166.htmla
横井議長が「市債を発行する一方での減税はいけない」とくぎを刺すと、河村市長は「市債と減税は別個の政策。減税の財源に市債は1円も入れていない」と応酬

リコール署名「受任者」1万人超す 目標の2倍に 5月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010051502000185.html

          吉井記

« 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 | トップページ | 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん »

メールニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/34971923

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市議会を語る会 メールニュース 第14号 (2010/5/23):

« 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 | トップページ | 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ