フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

川崎市議会を語る会 メールニュース 第14号 (2010/5/23)

先週分ですが、川崎市のこと、市議会改革のこと、日本全体の地方自治のこと、ニュース満載の第14号を掲載します。陳情審査で自民、公明が棚上げを主張し、継続審査になったこと既報です。他に名古屋市での市長と議会の対立等最近の話題が乗せられています。

◆◇◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
   川崎市議会を語る会 メールニュース 第14号 (2010/5/23) 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆◇◆

  事務局からです。
  会員、賛助会員の方及び議会改革に関心の深い方に送付しています。
  転送歓迎です。まだ、少数団体ですので是非多くの方の参加をお願いします。
  最後に会員募集について書いてあります。

   ※※※筆者以外の情報提供者(会員)はAb氏と記載※※※
     ※※※『 』内は蛇足ながらの筆者コメント※※※

● CONTENTs ●

【1】お知らせ・対外活動
【2】「自治体議会」関連ニュース
【3】マスメディア ネットニュース

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】お知らせ・対外活動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

[1]「川崎市議会を語る会」報告

5/21の川崎市議会運営委員会での陳情審査を以下に報告します。
陳情179号 要旨
1)本会議及び委員会での審議等で使用する説明資料を
(ⅰ)会議の傍聴者へ貸出をおこなうこと
(ⅱ)議事録と同時期に議会ホームページに掲載すること
2)本会議及び委員会での審議等で論議される政策の関連資料を
  議会ホームページから簡便にアクセスできるようにすること
各会派の意見
 民主 積極的な公開必要 趣旨採択
 自民 具体化の課題多い 継続審査
 公明 一定のルール必要 継続審査
 共産 原則的に公開必要 趣旨採択

“打者(会派)一巡”で討論もなく、「全会一致でないため、継続審査」

自公の言っていることは当り前で何をやるにしても課題はあり、ルールも必要。これを具体的に議論しないことには委員会審議にならない。議会本来の仕事のはず。これでは仕事をせずに給料を貰っている人々になってしまう。

この陳情の前段でおこなわれた「今後の議会改革等の検討課題」も低調

(1)請願・陳情審査等における 傍聴者への資料提供(1-1)
(2)質問時におけるパネル及び資料表示(1-2)
(3)区長の一般質問等の出席(1-4)

前月と同じ内容の繰返し、自民の“遅延作戦”が問題だ!更に、それを追究できない「仲良し集団」の民公共という図式!これで税金から高給を貰っている集団の仕事か!何一つ成果を上げない形式的で非能率な会議であった。

先にお知らせしたように、本日は河北新報の取材があり、カメラさんのシャッターを切る音に、議員さんたちは、神経を尖らせている様子。
なお、審査終了後、会として取材を受けました。本会として感謝致します。

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】川崎市政・市議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】「自治体議会」関連ニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★
【民間団体】

[1]市民と議員の条例づくり交流会議 http://www.citizens-i.org/jourei/
 配信&意見・情報提供専用アドレス mail-news@gikai-kaikaku.net
■議会基本条例情報 議会基本条例制定状況(「104」条例)(2010/04/27更新)■
http://www.gikai-kaikaku.net/gikaikihonjourei-info.html

[2]東京財団 http://www.tkfd.or.jp/
■お知らせ 公開研究会「地方議会改革は誰のためか~市民の役割と議会の責任」■
http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=150
日時 : 2010/05/26 Wed 19:00~20:30 場所 : 日本財団ビル2階 大会議室
定員 : 100名 参加 : 参加費無料:要申込み

[3]構想日本・事業仕分け http://www.kosonippon.org/shiwake/
■2010年度自治体の事業仕分け 第一弾は高浜市で6月19、20日に開催!■
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=828

【政府・地方自治体】

[4]地域主権戦略会議(内閣府)
 http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/index.html
■第4回(平成22年 4月27日) 議事次第・配布資料 議事要旨■
http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/kaigi/kaigikaisai/kaigikaisai-index.html

[5]地方行財政検討会議(総務省)
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/index.html
■第一分科会・第二分科会合同会議第1回(平成22年5月19日開催)■
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/29395.html
 『地方6団体から自治体のあり方について意見提出、議会側は二元代表制の改善を表明、議員内閣制に強く反対』

[6]行政刷新会議
 http://www.shiwake.go.jp/
■事業仕分け (平成22年4?5月) ■
http://www.shiwake.go.jp/shiwake.html
『ともかく団体がいっぱいあることがわかる』

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4】マスメディア ネットニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

[1]地方自治

横浜市が大都市制度の創設に意欲、背景に地方制度の抜本改革へ向けた動向 5月17日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005170017/
 「分割ではなく、横浜は大都市でやっていく」。企業経営出身の林市長は、「国の成長拠点」としての横浜市の再構築に意欲がある。大都市制度の創設は、国の在り方の表裏ともいえる。

県主導の三セク16法人を事業仕分けへ、知事「県民の目線で検証」/神奈川 5月15日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005150004/
 都道府県が実施する事業仕分けで、三セクを対象にするのは初めて、評価の対象は、法人が行う事業と、県からの補助金など法人に対する県の関与のあり方。

[2]川崎市

川崎市が指定管理者の選び方見直し、外部委員の組織新設 5月20日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005200052/
 外部委員3人で構成する「民間活用推進委員会」(民活推進委)を6月に新設、応募事業者の点数化や適否について、従来は市幹部らが審査、今後は「外部の目」で審査。

都市部の人材不足感が調査以来最高76%に、大手調査で判明5月20日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005200046/
 新事業の立ち上げや新商品開発によって差別化したいと考える企業が増えており、専門性の高い人材の不足感が強まっているという。

坂がちの麻生区高石地区 コミュニティーバス 来月から試行 5月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100518/CK2010051802000068.html

平塚競輪訴訟、鎌倉市が川崎市にも補償の意思 5月18日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005180010/

国際コンテナ港選定で4港湾が説明、横浜・川崎市長「ゼロベースに手応え」5月18日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005180005/
 京浜港、伊勢湾、阪神港、北部九州港湾の地元自治体の首長が国土交通省の検討委員会で計画を説明。

短時間無料の駐輪場新設、歩行者・自転車分離、川崎駅東口地区の基本計画案5月14日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005140036/
19日から、市民意見を募集する。 (1)歩行者と自転車の通行環境の構築(2)自転車利用の誘導(3)駐輪場の整備・活用―の3点。

[3]神奈川県・全国

待機児童 最悪1552人/横浜市 2010年05月18日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001005180005
 市は保育所の新設や増築で定員を1424人増やし3万8295人としたが、不況で増える共働き世帯などの需要に追いつかなかった。

「財政権を害す」 神奈川県検討会が結論  05月21日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001005210001
 「子ども手当」の地方負担が憲法などに違反しているかどうかを検討、「憲法上保障された自治財政権を害するものと評価する余地がある」と結論づけた。

[4]特集

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 河北新報 長期連載 変えよう地方議会 ■
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 読売新聞 橋下 府政改革 ■
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 中日新聞 河村vs市議会 ■
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★
市議報酬、見直し活発化 3会派,6月議会に対案提示へ 5月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010051502000184.html
民主、自民、公明の3会派は同月中旬に意見を集約し、会期末までに議会としての対案をまとめる方針だ。各会派とも、一定の削減は必要との認識では一致している。

名古屋市 議長に横井氏選出 市長と面談、減税で火花 5月21日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010052102000166.htmla
横井議長が「市債を発行する一方での減税はいけない」とくぎを刺すと、河村市長は「市債と減税は別個の政策。減税の財源に市債は1円も入れていない」と応酬

リコール署名「受任者」1万人超す 目標の2倍に 5月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201005/CK2010051502000185.html

          吉井記

2010年5月26日 (水)

神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中

 ネットを使った神奈川県の事業仕分けは注目すべき試み、ということで応募。特に人数制限もないことから“合格”。今週から始まっている。下記のご案内を参照して電子会議室へアクセスいて頂ければ、中味は全部公開されているので判る。

 質問から始めているが、添付されている資料が通り一遍のため、判らないことだらけである、結果として…質問が続く。

電子会議室構成員の皆様へ
■電子会議室のご案内 県ホームページに掲載
トップページ http://www.pref.kanagawa.jp/
県庁改革 http://www.pref.kanagawa.jp/menu/page/010102.html
事務事業評価
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/11/1102/gyokaku/jigyouhyouka/index.html
電子会議室 操作は別添送付
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/11/1102/gyokaku/jigyouhyouka/d-index.html

1回目予定   5月24日~6月 8日
・質問期間   5月24日~5月27日
・意見交換期間 5月28日~6月 6日
・評価期間   6月 7日~6月 8日
 24日前でも質問は受付
 各会議室内への[返信]又は電子メールにて問合せ
 事業所管課からの回答は少し遅れることがあります
 (土日の閉庁日にかかる質問の回答は月曜日以降)

■各チームの評価対象事業「電子会議室(1回目)の対象事業」に掲載
 参考資料は順次掲載 会議室名の頭にチーム名を表記

■テスト会議室 動作の確認や氏名を出さない自己紹介等
 利用規約を遵守 テスト会議室は5月24日に削除
■各事業についての議論の視点
 会議室内に<トピック>として掲載→意見等を書込み

2010年5月23日 (日)

議会改革に関する陳情の審査結果

5/21の川崎市議会運営委員会での陳情は極めて低調な審査によって継続審査(棚上げ)になりました。単に会派一巡によって所見を述べ、「課題がある」との自民党の遅延作戦に民主、公明、共産が追及もせずに引きずられ結果である。

以下に報告。
陳情179号
要旨
1)本会議及び委員会での審議等で使用する説明資料を
(ⅰ)会議の傍聴者へ貸出をおこなうこと
(ⅱ)議事録と同時期に議会ホームページに掲載すること
2)本会議及び委員会での審議等で論議される政策の関連資料を
  議会ホームページから簡便にアクセスできるようにすること

各会派の意見
 民主 積極的な公開必要 趣旨採択
 自民 具体化の課題多い 継続審査
 公明 一定のルール必要 継続審査
 共産 原則的に公開必要 趣旨採択

“打者(会派)一巡”で討論もなく、「全会一致でないため、継続審査」

自公の言っていることは当り前で何をやるにしても課題はあり、ルールも必要。これを具体的に議論しないことには委員会審議にならない。議会本来の仕事のはず。これでは仕事をせずに給料を貰っている人々になってしまう。

この陳情の前段でおこなわれた「今後の議会改革等の検討課題」も低調

(1)請願・陳情審査等における 傍聴者への資料提供(1-1)
(2)質問時におけるパネル及び資料表示(1-2)
(3)区長の一般質問等の出席(1-4)

前月と同じ内容の繰返し、自民の“遅延作戦”が問題だ!更に、それを追究できない「仲良し集団」の民公共という図式!これで税金から高給を貰っている集団の仕事か!何一つ成果を上げない形式的で非能率な会議であった。

先にお知らせしたように、本日は河北新報の取材があり、カメラさんのシャッターを切る音に、議員さんたちは、神経を尖らせている様子。更に、「相模原市議会を良くする会」の赤倉代表も傍聴に駆けつけてくれました。本会として感謝致します。

 吉井記

2010年5月17日 (月)

川崎市議会運営委員会で本会提出の陳情審議

ようやく陳情が川崎市議会議運委で審議される運びになった。出来るだけ多くの方の傍聴をお願いする。

議会改革案の一つ、委員会審議のときの「説明資料」の開示、それも含めた「関連資料」のホームページからの閲覧である。これは掲載だけでなく、リンクも含む。

なにしろ、陳情審査の際、行政側から提示される資料は傍聴席には配布されない。「何頁をお開き下さい。ここのあたりの地図が示されていますが、該当施設は何とかのとなりにあって…」とか説明されていてもチンプンカンプンである。

議会運営委員会  5月21日(金) 午後1時

1 今後の議会改革等の検討課題について
(1)請願・陳情審査等における 傍聴者への資料提供(1-1)
(2)質問時におけるパネル及び資料表示(1-2)
(3)区長の一般質問等の出席(1-4)

 2 陳情の審査
(1)陳情第179号
 「説明資料」の開示及び「関連資料」のホームページからの閲覧に関する陳情

              吉井記

2010年5月14日 (金)

首都圏州の骨格、9都県市首脳会議開催

空洞化する神奈川県を隠すかのように、首都圏代表としての顔を売る松沢神奈川県知事、そのバックに控える石原都知事。存在感を主張する指定都市の市長。

そんな構図が“見える化”

地方自治法の抜本改正を、相模原初参加で圏央道の整備促進求める9都県市首脳会議 2010年5月13日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005130051/

林文子横浜市長と阿部孝夫川崎市長は、指定都市市長会議の意向として、法を見直す際、新たな大都市制度の「特別自治市」(仮称)の創設を盛り込む必要性を強調した。

2010年5月13日 (木)

川崎市議会委員会開催予定 注目は5/21請願「地元の助産院の活用」審査

地域視点らしい(1)請願第100号 地元で安心安全なお産を求める である。

ただ、このタイトルでは内容ではなく、願望が表現されているので、勝手にサブタイトルをつけさせて頂いた。「地元の助産院の活用」である。もっとも筆者なぞは助産院といわれてもどんなところか行ったこともないのでよくわからない。毎日仕事があるわけではないから医院のように普通の看板がかかったところではない?

半休で傍聴にいってみたいと思っている。

川崎市議会 委員会開催予定

総務委員会 5月19日(水)  午前10時 502会
 陳情の審査
(教育委員会)   
(1)陳情第185号 川崎市における権利学習の抜本的な見直しを求める

 所管事務の調査(報告)
(選挙管理委員会事務局) 
(1)憲法改正国民投票法

市民委員会 5月19日(水) 午前9時 605会
 陳情の審査(視察)
(市民・こども局)  
(1)陳情第171号 旧陸軍登戸研究所の戦争遺跡保存

健康福祉委員会 5月19日(水) 午前10時 第2庁舎玄関前
 請願の審査(視察)
(健康福祉局)  
(1)請願第97号 川崎市動物愛護センター建設

健康福祉委員会 5月21日(金)  午前10時 605会
 請願の審査
  (健康福祉局)  
(1)請願第100号 地元で安心安全なお産を求める (地元の助産院の活用)

まちづくり 委員会 5月14日(金) 午前10時 602会
 所管事務の調査(報告)
(まちづくり局) 
(1)麻生区高石地区における乗合タクシー(山ゆり号)の試行運行

(建設緑政局)
  (2)川崎駅東口周辺地区における総合的な自転車対策

まちづくり 委員会  5月19日(水)  午前8時45分 第2庁舎玄関前
 陳情の審査(視察)
(まちづくり局)
  (1)陳情第189号 よみうりランド内の巨大な埋め立ての安全性

環境委員会 5月14日(金) 午前9時 第2庁舎玄関前
 陳情の審査(視察)
(上下水道局)
  (1)陳情第183号 生田浄水場配水池更新工事

議会運営委員会 無

  吉井記

2010年5月12日 (水)

区を基礎自治体へ!区長公選・区議会!政令指定市の「特別自治市」化

政令指定都市では

『住民自治の視点から区を“基礎自治体”に、区長公選・区議会設置!』

指定都市市長会議が開催され、新たな大都市制度として、県など広域自治体と同等の権限を持つ「特別自治市」(仮称)の創設を国に求めていくことを決めた。

川崎市の阿部孝夫市長は「特別自治市は警察本部を持つ、県議は必要ない」としたが、大切なのはそこではない!

住民自治の視点から区長公選・区議会は必須である!!

「特別自治市創設を」指定都市市長会議開催、県並みの権限国に要請へ/神奈川・相模原 2010年5月11日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005110046/

        吉井記

2010年5月 7日 (金)

川崎市議会を語る会 メールニュース 第11号

 本メールニュースは川崎市議会を語る会の会員・賛助会員へ毎週配布しています。

 地方自治を中心に政府、市民団体等の活動、意見、また世界も含めた関連ニュースを拾って閲覧をできるようにしています。ブログへは少し遅れて掲載します。

なお、本会は関心のある個人の方の会費によって運営していますので、ご協力をお願いします。本稿のラストをご覧下さい。

事務局記 

◆◇◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                      
  川崎市議会を語る会 メールニュース 第11号 (2010/4/24-30)        
                                     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆◇◆

  事務局からです。
  会員、賛助会員の方及び議会改革に関心の深い方に送付しています。
  転送歓迎です。まだ、少数団体ですので是非多くの方の参加をお願いします。
  最後に会員募集について書いてあります。

   ※※※筆者以外の情報提供者(会員)はAb氏と記載※※※
     ※※※『 』内は蛇足ながらの筆者コメント※※※

● CONTENTs ●

【1】お知らせ・対外活動
【2】「自治体議会」関連ニュース
【3】マスメディア ネットニュース

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】お知らせ・対外活動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

[1]ブログを開設しました!(2010/4/30)

■『川崎市議会を語る会』のブログ■
 http://katarukai22.cocolog-nifty.com/blog/
 「川崎市議会に関心をもつ市民の広場」
 ~市民の、市民による、市民のためのネットワークつくり~

 会員の方は投稿できます。別途のお知らせに沿ってご利用下さい。
 なお、どなたでもコメントを歓迎します。
 常識の範囲ということで、特に規定は設けません。

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】「自治体議会」関連ニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★

【民間団体】

[1]市民と議員の条例づくり交流会議【メールニュース】04月27日No.023(抜粋)
 配信&意見・情報提供専用アドレス mail-news@gikai-kaikaku.net

『交流会議開催、しっかりとしたHPを発行!行けないので尚更、見ましょう!』
■交流会議in九州「九州から始まる 見える化・議会」(5/29)ご案内
 http://ac.moyaikyushu.org/
 市民にとっては、議会も議員活動も「見えない」
 議員からすると、市民にどう「見られている」かが分からない
 それが相互不信の根っこにあるし、議会政治が機能しない要因の根本でもある
 そこで「見えない」状況を変えることから始めたい
 日 時:2010年05月29日(土)13時~18時(交流会:18時30分~20時)
 会 場:パピヨン24ガスホール
  http://www.papillon24.jp/sub4_traf.html

■新規、議会基本条例のご案内(石巻市)/全国制定状況は「104」へ
 宮城県石巻市議会基本条例(2010年04月23日可決/2010年04月023日施行)
 ※都道府県10、政令市3、特別区0、市57、町村34(2010年04月27日現在)
→詳細は、下記へ
 http://www.gikai-kaikaku.net/gikaikihonjourei-list.html

■千葉県流山市議会
 「全国に先駆けてUSTREAMによる委員会中継を実験的にスタート
 http://www.city.nagareyama.chiba.jp/gikai/kasseikarinnku.htm

[2]東京財団 メールマガジン Vol.229 2010/04/22(抜粋)
 新規登録はこちら https://blue.tricorn.net/tkfd2/mbr1.x

■講演概要「事業仕分けこそ議会の仕事」 中尾修 東京財団研究員
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=575

■レポート「名古屋市会議会報告会に参加して」 大沼瑞穂 東京財団研究員
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=576

[3]構想日本・事業仕分け
 http://www.kosonippon.org/shiwake/

【政府・地方自治体】

[4]地域主権戦略会議(内閣府)
 http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/index.html
『第4回まで進行、第2回の橋下知事の資料を先ずは…全体は追って紹介します』

 橋下構成員提出資料 [PDF:1590KB]
 http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/kaigi/kaigikaisai/kaigidai02/2shiryou11.pdf
 【分割ダウンロード】→コンセプトの部分 [PDF:541KB]
 http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/kaigi/kaigikaisai/kaigidai02/2shiryou12.pdf

[5]地方行財政検討会議(総務省)
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/index.html
『第一分科会が重要、下記「議会のあり方」は研究要』

■「地方行財政検討会議 第一分科会(第2回)」
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/28345.html
 資料「議会のあり方について(案)」
 http://www.soumu.go.jp/main_content/000063690.pdf

[6]行政刷新会議
 http://www.shiwake.go.jp/

★☆★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】マスメディア ネットニュース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★☆★
[1] 地方自治

『国の検討機関として第一優先に注目すべき』
議会改革、5月に論点整理 総務省の行財政検討会議 2010/04/26 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042601000810.html

『官僚機構の抵抗をどこまではね除けることができるか?』
国の出先機関廃止へ5月に仕分け 地域主権戦略会議 2010年4月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042701001045.html

『「みんな」が地方自治体選挙へも影響を及ぼす』
新党ラッシュの背景、呼び水は「みんな」の躍進/神奈川4月26日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004260004/

[2]川崎市

『東扇島公園、海浜地区が工場地帯から徐々に変わる試み』
できたよ!潮干狩り 『かわさきの浜』で50年ぶり復活、解禁 2010年4月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100430/CK2010043002000073.html

『中小企業としての注目すべき子ども施策の試み』
中小16社 共同で保育所 2010年04月28日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000231004280001

大雨で川崎駅地下街アゼリア浸水被害、雨水対策に不備か 2010年4月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004280032/

『在住外国人も様々な国から来るようになっている』
外国籍を持つ市民による第8期代表者会議が初会合/川崎4月25日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004250015/

『おそらく織田議員(民主)が次の議会でも質問すると思う』
経営悪化の「川崎冷蔵」存続へ、地代減免で経営支援/川崎市 2010年4月24日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004240012/

[3]神奈川県・全国(特集含む)

『住民自治にとっての大問題 1.議会報告会 2.政令指定市での大都市制度』
大井町議会が報告会、住民と意見交換深める/神奈川4月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004280027/
市民団体が市議と政令市移行などテーマに議論/相模原4月25日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004250014/
「大都市制度」で大阪や名古屋市と連携へ、横浜市長が意向 2010年4月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004280046/

『いわゆる新党への対応、特に創新党への反響』
”新党ブーム”めぐり横浜市長、「参加も応援もない」 2010年4月29日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004290008/
日本創新党に「賛同する考えはない」、茅ケ崎市長が言及/神奈川 2010年4月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004280035/
新党乱立 県内市長はこう見る 地方との関与に注目4月26日
http://www.saitama-np.co.jp/news04/26/02.html
日本創新党に地方議員47人賛同、県内からは9人/神奈川県 2010年4月26日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004260005/

県内自治体は人件費削減に苦慮、改革柱も有効策少なく/神奈川 2010年4月27日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004270009/
平成維新起こそう 東北州政治家連盟が設立総会
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/04/20100427t71019.htm

『ここでも注目すべき子ども施策の試み 4月、季節柄の報道の趣がある』
アパートで保育事業 世田谷区が待機児童解消策 4月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20100430/CK2010043002000049.html
ママの就活、京都府が保育室付き施設で支援へ(2010年4月29日)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100402-465846/news/20100429-OYT1T00438.htm

『最近廃刊した地域雑誌のはしり『谷根千』で谷中・根津・千駄木はまとめ言葉に』
『谷根千守って』NTTビル建設問題 近隣親子70人が行進 2010年4月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20100430/CK2010043002000054.html

『ここは色々な見方ができる…だが、川崎市は上位にいかないだろう』
自治体HP充実度、大阪市トップ・三鷹市2位(4月27日読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100402-465846/news/20100427-OYT1T00094.htm

関係機関が『任せきり』 都児童福祉審議会部会 江戸川虐待死で中間報告4月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20100429/CK2010042902000059.html

[4]特集

■ 河北新報 長期連載 変えよう地方議会 ■
 http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/
 『ついに第7部へ、新しい試みも見えてきた、それにしても粘り強い企画!』

第7部 かすむ、みがく
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/cat614/
(5完)旗振り役/将来像先導 増す信頼
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/05/post-68.html#more
(4)連なり/住民の熱意、自覚促す(2010/04/30)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/04/post-67.html
(3)パイプ/よき相談相手へ一歩(2010/04/30)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/04/post-66.html
(2)傍観/手作り振興策、人ごと(2010/04/27)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/04/post-65.html#more
(1)対抗/官民「協働」に戸惑い(2010/04/26)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/04/post-63.html
改革の思い すれ違い/東松島市住民・議員意識調査(2010/04/26)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/04/post-64.html

■ 読売新聞 橋下 府政改革 ■
 http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/

関空・伊丹統合に合意…国交相「伊丹廃港」言及(4月26日)
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/20100426-OYO8T00384.htm

■ 中日新聞 河村vs市議会 ■
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/
『対立硬直化スパイラルが進む、物事を制御できない「事件の囚人」という言葉が適切』

議会解散向け街頭活動 市長、大須商店街練る 2010年4月29日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042902000158.html
民主市議団「推薦取り消しを」「河村新党」を批判 4月27日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042702000157.html
「減税勢力全国に」河村市長、地域政党結成で会見4月26日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602000206.html
「減税日本」届け出 河村市長代表、他党との連携も 4月26日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602100004.html
市長、きょう新党立ち上げ 市議選で過半数目指す 2010/4/26
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602000164.html
名古屋の乱<5> 市長「報酬半減、引かない」2010年4月26日
◆後・名古屋大教授「行政経営の資質に疑問」
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042602000168.html
名古屋の乱<4> 肝いり政策足踏み 2010年4月25日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042502000125.html
名古屋の乱<3> 腹割れる「家臣」なく 2010年4月24日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042402000186.html
みんなの党、議会リコールに協力 渡辺代表が表明 4月25日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201004/CK2010042502000124.html

◆◇◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川崎市議会を語る会 事務局 吉井俊夫
 連絡先 〒213-0013 川崎市高津区末長1412-1-301 E-mail to.yoshii@gmail.com
H P http://www.k4.dion.ne.jp/~kmk-head/
ブログ http://katarukai22.cocolog-nifty.com/blog/

冊子 毎季「川崎市議会報告」 メール 毎週「Mail News」 時々「Late News」

 *大募集* 会員 (会費2,000円/年) 賛助会員 (会費1,000円/年)
  個人会費で運営しています。ご賛同頂ける方の参加を是非お願いします。
       “ネットワーク”が大切!互いに連携を!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆◇◆
                                END

2010年5月 5日 (水)

子どもの人口、1694万人=29年連続で減少

こどもの日?母の日?どちらで出すのが適切か。そんな話ではない!

出典の統計はこちらから

総務省統計トピックスNo.46 我が国のこどもの数「こどもの日」にちなんで

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi460.htm

I-1 こどもの数は1694万人、29年連続の減少
I-2 こどもの割合は13.3%、36年連続の低下

前年より19万人少ない1694万人、29年連続の減少。

男子は868万人、女子は826万人。

比較可能な1950年以降の統計で過去最少を更新。

子どもの割合 前年比0.1ポイント減13.3%、36年連続の低下。

人口4000万人以上の世界各国、

米国(20.0%)、中国(18.5%)、ドイツ(13.6%)を下回る最低の水準。

吉井記

2010年5月 3日 (月)

EU もつれ合う国益、綻びる結束

地方主権を標榜する日本はEU的になっていく。だからEUの政治状況は一つの鏡になる。

もつれ合う国益、綻びる欧州の結束 Financial Times  2010.05.03(Mon)
JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3389

この記事のなかに以下の記述がある。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3389?page=3

『EUは、グローバル化の奇妙な矛盾の犠牲となった。というのは、グローバル化は各国政府から権限を奪う一方で、グローバルな相互依存は各国の政治家に対して、国境なき世界の危険から自国有権者を守れという国内の圧力を強めることになるからだ。

 欧州の政治家はこれに対し、戦略を犠牲にして戦術を取った。彼らは今、EUから権限を「取り戻せる」と誇らしげに語り、EUの言いなりにはならないと約束している。』

吉井記

2010年5月 1日 (土)

設定ほぼ終了

 ブログ内の形式はほぼ設定。良く判らない面も少しあるが、少しずつ変えていこう。先ずは書いてみることに尽きる。

 メンバーは最後に署名して下さい。 筆者は YT生 です。とかなんとか…

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ