フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会運営委員会で本会提出の陳情審議 | トップページ | 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 »

2010年5月23日 (日)

議会改革に関する陳情の審査結果

5/21の川崎市議会運営委員会での陳情は極めて低調な審査によって継続審査(棚上げ)になりました。単に会派一巡によって所見を述べ、「課題がある」との自民党の遅延作戦に民主、公明、共産が追及もせずに引きずられ結果である。

以下に報告。
陳情179号
要旨
1)本会議及び委員会での審議等で使用する説明資料を
(ⅰ)会議の傍聴者へ貸出をおこなうこと
(ⅱ)議事録と同時期に議会ホームページに掲載すること
2)本会議及び委員会での審議等で論議される政策の関連資料を
  議会ホームページから簡便にアクセスできるようにすること

各会派の意見
 民主 積極的な公開必要 趣旨採択
 自民 具体化の課題多い 継続審査
 公明 一定のルール必要 継続審査
 共産 原則的に公開必要 趣旨採択

“打者(会派)一巡”で討論もなく、「全会一致でないため、継続審査」

自公の言っていることは当り前で何をやるにしても課題はあり、ルールも必要。これを具体的に議論しないことには委員会審議にならない。議会本来の仕事のはず。これでは仕事をせずに給料を貰っている人々になってしまう。

この陳情の前段でおこなわれた「今後の議会改革等の検討課題」も低調

(1)請願・陳情審査等における 傍聴者への資料提供(1-1)
(2)質問時におけるパネル及び資料表示(1-2)
(3)区長の一般質問等の出席(1-4)

前月と同じ内容の繰返し、自民の“遅延作戦”が問題だ!更に、それを追究できない「仲良し集団」の民公共という図式!これで税金から高給を貰っている集団の仕事か!何一つ成果を上げない形式的で非能率な会議であった。

先にお知らせしたように、本日は河北新報の取材があり、カメラさんのシャッターを切る音に、議員さんたちは、神経を尖らせている様子。更に、「相模原市議会を良くする会」の赤倉代表も傍聴に駆けつけてくれました。本会として感謝致します。

 吉井記

« 川崎市議会運営委員会で本会提出の陳情審議 | トップページ | 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/34831726

この記事へのトラックバック一覧です: 議会改革に関する陳情の審査結果:

« 川崎市議会運営委員会で本会提出の陳情審議 | トップページ | 神奈川県の県民によるネット「事業仕分け」 苦闘中 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ