フォト
無料ブログはココログ

« 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん | トップページ | 解説は見事!成果は何処? 川崎市議会基本条例 »

2010年6月 3日 (木)

西村晋一議員(自民党・幸区)が政務調査費の領収書を偽造 昨日の続き

昨日の続き(詳細) 川崎市議会 西村晋一議員(自民党・幸区選出 第2期目)が以前の領収書を改ざんし、政務調査費として提出していた。要するに偽造である。

7_004927_thumbnail
改ざんされた西村氏の領収書のコピー。但し書きに「保守管理」が書き加えられ、日付は「平成21年」が「20年」に変えられている(神奈川新聞5/29)

 これは「政務調査費改革かながわ見張番」が平成20年度川崎市会議員政務調査費支出状況の内容を確認・精査した際、領収書のなかに想定もしていなかった偽造をしたものがあることを見い出し、監査請求の陳述で監査委員にそのことを指摘したもの。同団体は6/3にの西村氏に辞職勧告を出したとのことである。

自民党川崎市連、西村市議を除名処分へ、領収書コピー改ざん 6月3日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1006030008/
今回の不正発覚につながる住民監査を請求した「政務調査費改革かながわ見張番」の奥田久仁夫総代表は同日、西村市議に対し、議員辞職を求める勧告を文書で提出した。

市議会政調費改ざんの解決策は? 6月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100602/CK2010060202000065.html
市議会の議員や会派が提出した2008年度の政務調査費収支報告書。領収書は3万枚に上るという。
 川崎市幸区選出の西村晋一市議(49)=元自民党、1期目=の領収書改ざん問題で、政務調査費の不正支出がまたも明るみに出た。川崎市議会では2007年、目的外支出があったとして、市監査委員が4会派に、計約1億2000万円の政務調査費返還を求め、自主返納させた経緯がある。自民党川崎市議団が除名処分を決定、西村・川崎市議の政務調査費領収書コピー改ざん問題 5月31日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005310042/
 自民党の西村晋一川崎市議(49)が政務調査費の領収書のコピーを改ざんした問題で、同党川崎市議団(大島明団長)は31日、団会議を開き、同市議を除名処分とすることを決めた。

自民川崎市議西村晋一氏が領収書のコピー改ざん、監査委が計約158万円分を「違法」認定/  5月29日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005290005/
川崎市議会主要4会派の2008年度分の政務調査費に関する住民監査請求で、川崎市監査委員は28日、自民党の西村晋一市議(49)=1期、幸区選出=について、計約158万円分を違法な支出と認定した。このうち、資料印刷代など計91万円分(7件)で、領収書のコピーが改ざんされていた。

吉井記

« 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん | トップページ | 解説は見事!成果は何処? 川崎市議会基本条例 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

政務調査費の領収書偽造と疑われた支出、ならびに目的外支出と認定された支出に関しては全て、提出領収書原本を以て、去る7月1日付にて神奈川県選挙管理委員会において調査研究費として、修正申告を済ませてきました。私の錯誤から大変ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/35030294

この記事へのトラックバック一覧です: 西村晋一議員(自民党・幸区)が政務調査費の領収書を偽造 昨日の続き:

« 自民川崎市議が領収書のコピー改ざん | トップページ | 解説は見事!成果は何処? 川崎市議会基本条例 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ