フォト
無料ブログはココログ

« 神奈川県の待機保育児童 最多4117人 | トップページ | 新設、最短で2024年 等々力陸上競技場 »

2010年6月20日 (日)

現代地方議会改革における「薩長同盟」 栗山町と会津若松市

 河北新報によれば、地方議会改革の先陣を切り、その存在感の大きさを示している「北海道栗山町議会」と「会津若松市議会」が5月中旬、一堂に会し、会津若松市議会の議場で2日間、ぶっ通しで話し合った。これは地方議会改革における「薩長同盟」といえる一大イベントであろう。
 
 明治維新過程での本当の「薩長同盟」は以下の特徴をもつである。
1)敵対していたもの同士が結びつく
2)敵は明確に徳川幕府
3)軍事同盟
4)その後の倒幕を決定づけた

 しかし、現代地方議会の「薩長同盟」と擬せられる今回の「栗山・会津若松会合」は、
1)敵対関係はない。
  しかし、閉鎖的な一地方から全国的な視野に立って結びついたことは同じである。
2)明確な敵はない。
  しかし、広い意味での現状の地方議会、住民に閉鎖的で、自由討論もなく、首長の「附属議決機関」と化している議会に対する改革のモデルとなっている。
3)軍事同盟ではない。
  しかし、議会改革を各地で推進していくうえで、互いの切磋琢磨を確認している。
4)今後の全国的な議会改革を決定づける可能性は大いにある。
  情報ネットワークの時代、一瞬にしてこのニュースは全国を駆けめぐり、同じ志をもつ人を勇気づける。

 ネット紙面では、“議会格差”という言葉が生成されつつあることを報じている。

特集 変えよう地方議会(河北新報)
改革、終わりなき挑戦(上)北の両雄、新たな地平(2010/06/19)
http://blog.kahoku.co.jp/chihougikai/2010/06/post-88.html#more

0619
会合の風景 手前、栗山町議会メンバー
        正面、会津若松市議会メンバー

« 神奈川県の待機保育児童 最多4117人 | トップページ | 新設、最短で2024年 等々力陸上競技場 »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/35371644

この記事へのトラックバック一覧です: 現代地方議会改革における「薩長同盟」 栗山町と会津若松市:

« 神奈川県の待機保育児童 最多4117人 | トップページ | 新設、最短で2024年 等々力陸上競技場 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ