フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会議員定数は3名減の60名になる模様 | トップページ | 一体何を意味する?自治体職員給与が全国1位・横浜市 川崎市・政令市第2位 »

2010年12月27日 (月)

『市民による議会白書』の記事~河北新報~

 東北地方の中心的マスメディアである「河北新報」は、長期連載「変えよう地方議会」以降も住民自治の視点から議会改革の論陣を張っている。当会の『市民による議会白書』も紙面に取り上げて頂いた。
 その視点に益々磨きをかけ、幾多の大新聞社を大きく引き離している。

住民視点の議会評価続々 川崎・市議会白書 仙台は通信簿
http://www.kahoku.co.jp/spe/gikai/20101213_01.htm

20101212011jd_2

  語る会の吉井俊夫代表は「本来なら議会自身が年次活動報告をまとめて住民に示すべきだが、できないのなら住民がやるしかない」「われわれ住民も、完成した白書をどのように使いこなし、議会との関係をつくり上げていくかが今後問われる」と話す。

« 川崎市議会議員定数は3名減の60名になる模様 | トップページ | 一体何を意味する?自治体職員給与が全国1位・横浜市 川崎市・政令市第2位 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/38231454

この記事へのトラックバック一覧です: 『市民による議会白書』の記事~河北新報~:

« 川崎市議会議員定数は3名減の60名になる模様 | トップページ | 一体何を意味する?自治体職員給与が全国1位・横浜市 川崎市・政令市第2位 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ