フォト
無料ブログはココログ

« 非公開審議に反対しなかった6名の川崎市民主党議員が何故? | トップページ | 恒例の議員「通信簿」を公表 相模原市議会を良くする会 »

2011年1月31日 (月)

神奈川県の県民による「事業仕分け」メンバー募集

昨年度はネット仕分けに応募し、20事業程度を仕分けした。そのときの詳細な結果はここにはじ開示していないので、これから掲載していきたい。

一般的に、事業仕分けは「構想日本」とタイアップして実施する自治体が圧倒的に多いが、神奈川県は独自である。

また、仕分け人と判定者を分け、後者に住民を無作為抽出で選ぶ、住民判定方式が広まってきているが、今回の方法は、そこまで取り入れていない。

県民目線で効果を検証、県が「事業仕分け」のメンバー募集へ/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1101260034/

2011年度実施「事業仕分け」メンバーを2月1日から募集
130事業を対象、「点検チーム」と「電子会議室」の2方法で評価
募集人数計53人、応募期間は3月28日まで

点検チーム(公募18人)は会場などで作業
電子会議室(同35人)はインターネット上の掲示板を利用
昨年導入した電子会議室
 101事業に対し計約1300件の意見
「事業ごとに件数がばらついた」 最終評価が得られたのは63事業

  

« 非公開審議に反対しなかった6名の川崎市民主党議員が何故? | トップページ | 恒例の議員「通信簿」を公表 相模原市議会を良くする会 »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/38678251

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県の県民による「事業仕分け」メンバー募集:

« 非公開審議に反対しなかった6名の川崎市民主党議員が何故? | トップページ | 恒例の議員「通信簿」を公表 相模原市議会を良くする会 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ