フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市2011年度予算案は過去最大規模 | トップページ | 3月中旬に「川崎市議会立候補者と語る会」を開催 »

2011年2月 4日 (金)

議会改革の取組、大阪府民の知りたいこと

大阪府議会のメールニュースを配信して頂いている。
そのなかで、ホームページの充実を目的としてアンケートが実施され、結果が公表されている。覚えていないが、筆者もうっかり回答したかもしれない。

大阪府議会ホームページアンケート 中間集計(回答者:229名)
http://www.pref.osaka.jp/gikai_giji/hpanke/230131.html

府議会HPで今後、充実して欲しい内容は、

     議会改革の取組が116件で回答の50%をしめた。

本来、府政の論点、争点、課題を提起するのが議会の役割だが、そんな質の高いことなど、議会には出来ないだろうと府民に思われていることが出てしまっている。

改革はできて当然なのだが、そのニュースを期待されているとは、なさけない、とも言える。ただ、それはどこの地方議会でも同じこと。

回答数が229名、大阪都にもなろうという天下の大阪府、関心をもって読む府民があと“2桁”増やすことを目標にして励んで欲しい。

« 川崎市2011年度予算案は過去最大規模 | トップページ | 3月中旬に「川崎市議会立候補者と語る会」を開催 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/38732944

この記事へのトラックバック一覧です: 議会改革の取組、大阪府民の知りたいこと:

« 川崎市2011年度予算案は過去最大規模 | トップページ | 3月中旬に「川崎市議会立候補者と語る会」を開催 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ