フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市民も投票したい?松沢知事が首都圏連合で都知事選へ | トップページ | 川崎市長と横浜市長の微妙に違う発言~松沢知事の都知事選出馬 »

2011年3月 2日 (水)

川崎市議会・議員提案「定数削減案」~HP議案一覧に掲載されずに可決

単に議会局の掲載が遅れているだけで、おそらく、今日中には掲載されるはずである。しかし、いつ提案されたのか分からない議案が議決されているとは!私たち市民はHPの議案概要に各提案の議案の内容を知ることができることになっているのだが…。

  “奇怪千万”

1)これは議会の市民に対する広報の態度を如実に反映している。
2)更に、議員提案が公開の委員会で提案されず、当然、議員間の討論も無し。

議会基本条例を、私たちが主張した「特別委員会による審議」を無視し、「会派団長会議による非公開審議」で行ったことが継続されている。議会基本条例で規定された「議員間討論」も全く無視している。

「非公開審議後遺症」であり、市民に対する閉鎖性が1)に示した広報の態度に象徴的に表れている。

3月2日正午現在の議案掲載状況
 
平成23年 第1回川崎市議会定例会の議案は次のとおりです
http://www.city.kawasaki.jp/council/kaigikekka/h23.1.htm

(2)市長提出議案      
○議案第1号 川崎市職員定数条例等の一部を改正する条例の制定について
   ・
   ・
   ・   
○議案第64号 平成22年度川崎市一般会計補正予算
○報告第1号 地方自治法第180条の規定による市長の専決処分の報告について

これに対して、新聞報道は、以下である。
川崎市議会が議員定数3減の改正案を可決/川崎
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103010036/

川崎市議会は3月1日、本会議で以下の議案を審議。

自民、民主、公明3会派提案…議員定数を63人から60人に3人減、可決。
(川崎、宮前、多摩の3区→現行の10人を9人、
 中原区10人、高津区9人、幸区、麻生区の7人は据え置く)
提案理由「厳しい財政状況の中、本市が進める行財政改革にも議会改革を進めながら市議会の責任を果たすことが重要」

共産、神奈川ネット、無所属・猪股議員提案…総数を変えず、定数を入替
(人口が逆転した多摩、高津の両区の定数を入れ替える条例改正案を提案、否決)
理由「市民の声を細やかに聞き、議会に反映させるためにも定数削減には賛成できない」

  

« 川崎市民も投票したい?松沢知事が首都圏連合で都知事選へ | トップページ | 川崎市長と横浜市長の微妙に違う発言~松沢知事の都知事選出馬 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/39074019

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市議会・議員提案「定数削減案」~HP議案一覧に掲載されずに可決:

« 川崎市民も投票したい?松沢知事が首都圏連合で都知事選へ | トップページ | 川崎市長と横浜市長の微妙に違う発言~松沢知事の都知事選出馬 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ