フォト
無料ブログはココログ

« 統一地方選挙は全国一斉に延期すべきか?いや違う | トップページ | 原発事故の対応は、ミッドウェイ海戦の惨敗を想起させる »

2011年3月17日 (木)

名古屋市は借金をしながら減税?

名古屋市民の方もうすうす感じていると思う。
また、私たちひとりひとりも「借金返済と減税実施」について素朴な疑問を感じているはずだ。特に世代間の不公平が大きな課題として『サブマリン状態』からようやく浮上してきている。この現状においてである。

この疑問について、簡潔なデータを示して説得力富む議論を木下 敏之氏(元佐賀市長)は展開している。木下氏は改革市長として腕をふるわれ、先の福岡県知事選挙にも立候補された方だ。  

「地方分権の未来はバラ色」という勘違い2011.03.02(Wed)  http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5554

このなかで、名古屋市における基本資料の年次推移を簡単なグラフで順次並べて説明する。

1)借金残高→単調増加(1兆8,000億円(2010年度))
2)扶助費 →単調増加   (2,200億円(2010年度))
3)総人口 →単調減少    (220(2010)→205万人(2035年度))
4)75歳以上人口→単調増加 (22(2010) → 36万人(2035年度))
5)20ー39歳人口→単調減少 (57(2010) → 44万人(2035年度))

地方分権の議論の中に欠落している『費用』の問題を指摘し、警告を発している。

    

« 統一地方選挙は全国一斉に延期すべきか?いや違う | トップページ | 原発事故の対応は、ミッドウェイ海戦の惨敗を想起させる »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/39261737

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市は借金をしながら減税?:

« 統一地方選挙は全国一斉に延期すべきか?いや違う | トップページ | 原発事故の対応は、ミッドウェイ海戦の惨敗を想起させる »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ