フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会での携帯電話の使用は? | トップページ | 選挙活動のスタイル ~選挙カーを使わず~ »

2011年4月 3日 (日)

 川崎市議会を語る会 メールニュース 第11-9号  2011/3/31

   川崎市議会を語る会 メールニュース 第11-9号  2011/3/31

【1】議会/本会 (資料室 http://www.h7.dion.ne.jp/~as-uw/katarukai.html )

 当初予定の3項目のうち、3.『立候補予定者と語る会』は中止にした。
 しかし、配布予定の「市政・議会に関する基本的事項」については仕上げて掲載済。
 遅れていた2.「市議会活動」の検証・評価をまとめ終わり、4年間の総括とした。
 残るは各会派、議員が何を掲げるか?楽しみに待っている。

1. 議会改革推進の申入書~本会のマニフェスト案(2011/2/B)
 ~住民が“感じる”議会改革を~ 川崎市議会議員・会派への要請
  http://www.h7.dion.ne.jp/~as-uw/images/katarukai/kaikaku-mani-110202.pdf

2.「市議会活動(2007/4-2011/3)」の検証・評価(2011/3/B)
  http://www.h7.dion.ne.jp/~as-uw/images/katarukai/H19-22r-sum1-2.pdf

3『立候補予定者と語る会』(2011/3/20-27)中止!
 「市政・議会に関する基本的事項」 ~配布予定資料 (2011/3/M)
  http://www.h7.dion.ne.jp/~as-uw/images/katarukai/katarukai-reference.pdf

4.会派・議員の公約・マニフェスト・アジェンダ検証・評価(2011/4/B)

【市議会活動(2007/4-2011/3)の検証・評価】 

(1)市長提案はすべて追認、一方、「決議」2件は主体的提案の“芽”になる真の成果
(2)半数の議員が定例会で毎回質問、形式・態度での「議員通信簿」は不要
(3)市民は請願・陳情を通して積極的に参加、しかし、議会は改革案件の審査を棚上げ

(1)「決議」2件のうち1件は、この3月議会での案件「中学校給食の早期実現」。
   これまで公明党、共産党が会派質問で度々要望していた政策である。
   全国的な動向も踏まえ、今回は民主党も会派質問で取り上げた。
   おそらく自民党のなかでも賛同する議員もいたと思われる。
   そこで話はまとまったようだ。
   当会『川崎市議会白書』は「議会の意思表示~軽やかに議決を」と主張。
   これを将に実践した内容と評価する(『白書』P54-58参照)。
   予算措置まで話を進展させればベスト。
   但し、充当させる財源については、まとまらないのが現実であろう。

(2)相模原市、仙台市など議会ウォチャーが「議員通信簿」を付けて公表。
   川崎市では、自民党のベテラン議員の一部を除き、質問実施率95%程度。
   全勝の議員31名も含め“質問意識”は高い。従って、問題は中味。

(3)請願127件、陳情237件、合わせて90件/年、採択率は25%程度
   議会報告会開催、請願時の意見陳述を含めた議会改革案件7件は継続―未了廃案。

      

« 川崎市議会での携帯電話の使用は? | トップページ | 選挙活動のスタイル ~選挙カーを使わず~ »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/39470664

この記事へのトラックバック一覧です:  川崎市議会を語る会 メールニュース 第11-9号  2011/3/31:

« 川崎市議会での携帯電話の使用は? | トップページ | 選挙活動のスタイル ~選挙カーを使わず~ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ