フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(2)~公明党 | トップページ | 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(4)~民主党 »

2011年4月22日 (金)

川崎市議会改革の公約を検証・評価する(3)~自民党

これが第1会派の改革案?ちょっと残念!これが率直な印象。

自民党…自民党パンフレット『自民党はGo!』

 1)議員立法による政策条例の制定
 2)かわさき版事業仕分けの実施(出資法人の統廃合、補助金削減)
 3)議員年金廃止

議員立法による政策条例の制定は悪くない。

だが、先ず、市長提案への追認をどのように打破するか、問われているのはここだ。これを意識して欲しい。

また、政策条例を作る意義についても考えて欲しい。議会が調査し、議員間で討論した結果が「条例」として結実することが主旨のはずだ。

先の最終議会で提案、可決された「災害避難所の運営条例」のように行政に案を作らすような形では主旨を損なう。これは自民党だけでなく、全会派の問題だが。

総務委員会からの提案になっているが、何が市政としての課題であるのか、とことん議論した気配が感じられない。

事業仕分けも「住民参加」に触れられていない。それ以上に、議会報告会、請願時の提案者による意見陳述等も前回議会での議論以上に議論されていない。

あとは、税金に関わる問題で触れたのは議員年金だけである。

政務調査費を、ミューザの入場券の購入に数十回に渡って利用していた議員は自民党のはずだ。これも、選挙に当選したとして続けていくのであろうか。

     

« 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(2)~公明党 | トップページ | 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(4)~民主党 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/39707919

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(3)~自民党:

« 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(2)~公明党 | トップページ | 川崎市議会改革の公約を検証・評価する(4)~民主党 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ