フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会、ホームページ更新、まだまだ遅れているが… | トップページ | 川崎市議会は市民からの請願・陳情を丁寧に紹介する »

2011年4月18日 (月)

どの自治体も「非常時」の意識で人事を

太平洋戦争では、年功序列の人事が災いした。

ミッドウェイ海戦、機動部隊を率いたのは南雲中将。水雷の専門家 だったという。航空部隊の雄、山口少将ではなかった。 これは山本五十六の人事である。

「時間が勝負」についていけない参謀・源田実の進言をとり、山口少将の俊敏な意見を退けた南雲中将の判断が結果を訳、機動部隊の壊滅を導いた。

木下敏之氏は戦史に明るい方であり、大震災についても『「緊急時」の人事を』提案している。

新・地方自治論 木下敏之
年功序列なんて言ってる場合じゃない、霞が関と自治体は「緊急時」の人事を
http://jbpress.ismedia.jp/category/autonomy

『菅首相が細野議員を原子力担当大臣に起用することを「根回し不足」と批判した某党の議員のように、日本の社会は非常時でも年功序列や根回しを重視する社会なのでしょうか?』

        

« 川崎市議会、ホームページ更新、まだまだ遅れているが… | トップページ | 川崎市議会は市民からの請願・陳情を丁寧に紹介する »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/39656222

この記事へのトラックバック一覧です: どの自治体も「非常時」の意識で人事を:

« 川崎市議会、ホームページ更新、まだまだ遅れているが… | トップページ | 川崎市議会は市民からの請願・陳情を丁寧に紹介する »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ