フォト
無料ブログはココログ

« 昭和20年代、古い議事録の新鮮さ! 松阪市議会  海住恒幸議員 | トップページ | 川崎市人口143万人を超える、150万人へ向けて »

2011年5月31日 (火)

昨日の続き 古い議事録再び~「議員間討議」中心の議会を

昨日、紹介したブログの続き、
実はこのブログに書いた内容を「コメント」へ投稿した。

すると、海住議員からの返事の「コメント」が掲載されていた。

松阪市議会議員  海住恒幸 Report  2011年05月28日
http://blog.livedoor.jp/kaiju_matsusaka/archives/51891243.html#comments
古い議事録再び~「質問」より「議員間討議」中心の議会を

国会でも、昭和20年代には「自由討議」があったが、昭和30年の国会法改正で廃止。
地方自治法もこれを軌を一にし翌31年の改正で、昭和22年の法施行来の自由に制限が加わっていきました。興味深く連動しています。

戦後の混乱期において試行錯誤の運営が活性化に結びついていたようだ。

昭和30年、すなわち1955年、ここで現代にいたる政治体制が出来上がる、保守、革新が共に合同で一本化して自民党と社会党の二大政党制が出現した。これが1955年の政治体制。このあたりから高度経済成長の基盤が整い始め、政治も自民党の絶対多数による安定化(形式化)が進んでいく。

« 昭和20年代、古い議事録の新鮮さ! 松阪市議会  海住恒幸議員 | トップページ | 川崎市人口143万人を超える、150万人へ向けて »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/40210960

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き 古い議事録再び~「議員間討議」中心の議会を:

« 昭和20年代、古い議事録の新鮮さ! 松阪市議会  海住恒幸議員 | トップページ | 川崎市人口143万人を超える、150万人へ向けて »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ