フォト
無料ブログはココログ

« 特色ある高校づくり広報費~神奈川県事業仕分け人の記 | トップページ | 歴史博物館展示事業費~神奈川県事業仕分け人の記 »

2011年7月11日 (月)

地球博物館展示事業費~神奈川県事業仕分け人の記

正式には、生命の星・地球博物館である。自治体の博物館といえば、ハコモノの典型である。それでも「ガイア」は、最近のはやりでもあるし、はやぶさの宇宙から最近の大地震まで、私たちの関心も盛り上がっている。

小田原市のあり、来館者にとっては、地理的条件は悪いが、には入館者数は昨年度30万人と健闘している。入場料収入も4,000万円で、もちろん、人件費を含めて地球博物館全体の費用7億円には遠く及ばない。

しかし、今年は幼稚園等の顧客開拓を狙っている。

常設展示として『恐竜』があるので、ぬいぐるみの恐竜をかぶってサービスすることを提案した。
さらに、これを書いてて、絵本「怪獣たちがいるところ」を思いだした。
そうだ、「恐竜たちがいるところ」はどうだろう。何匹もいて、踊っても面白い。「怪獣たちがいるところ」では、確か、子どもの『夢』でてきて、その言うことを聞いていたはずだ。それも面白い。

   

« 特色ある高校づくり広報費~神奈川県事業仕分け人の記 | トップページ | 歴史博物館展示事業費~神奈川県事業仕分け人の記 »

行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/40766819

この記事へのトラックバック一覧です: 地球博物館展示事業費~神奈川県事業仕分け人の記:

« 特色ある高校づくり広報費~神奈川県事業仕分け人の記 | トップページ | 歴史博物館展示事業費~神奈川県事業仕分け人の記 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ