フォト
無料ブログはココログ

« 議員評価は市民それぞれの観点から行うこと | トップページ | 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(2) »

2011年8月 2日 (火)

『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(1)

市民と議員の条例づくり交流会議2011が、7月30日(土)、31日(日)にわたって京都、京都産業大、龍谷大で開催され、フルに参加した。
詳しい内容はHPを参照願います。
http://jourei.jp/

『自治体議会改革フォーラム発足から4年。自治体議会はどこまで変わったか。議会改革の現段階と到達点、いま問われる実践課題、市民の議会づくりを提起!』との主旨である。

以下、会議の内容及びそのなかで展開された議論について、改めて考えた点について簡単に述べ(太字部分)、明日以降、詳しく議論してみたい。

第1日目□特別分科会 シンポジウム「地方議会改革」
〈パネリスト〉
 議員   村山祥栄(京都党))、渡辺裕(四條畷市議会)、安本美栄子(伊賀市議会議長)
 学識者 辻陽(近畿大学)、富野暉一郎(龍谷大学)

富野氏が「議会の議決権は強く、もっと活用を」と述べたことに賛意の声が多くあったようだが、どこか違和感を感じた。

□全体会
 実態調査2011の報告 長野基(跡見学園女子大学)
 この4年間の総括 廣瀬克哉(法政大学)

結論の部分で『熟議とナットクによる合意』を目指すところと指摘された。異を唱えるわけではないが、本来はもっと泥臭いはずと感じた。

□分科会

◎第1分科会「市民の議会をどうつくる?」
首長対議会という構図の中で、議会改革が問われている。しかし本来は市民が首長と議会という二つの代表機関をどう使いこなしながら自治体を運営していくかが問われているはずだ。市民の議会をどうつくるかが、議会改革の核心である。市民と議員の討議のなかで次の改革課題を考える。

コーディネーター 廣瀬克哉(法政大学)
報告「自治基本条例の審議過程における市民と議会との対話」桑畠健也(所沢市議会議員)
報告「市民による議会改革アプローチ」木原勝彬さん(政策研究ネットワーク「なら・未来」代表幹事)
コメント 辻上浩司(三重県議会事務局)

桑畠氏の報告が上記の『熟議とナットクによる合意』のプロトタイプのように見えたが、『疲労困憊とアキラメによる合意』にも見えることをその場で指摘した。

◎第2分科会「総合計画とどう付き合うか」
先の自治法改正で、市町村基本構想の策定と議決に関する義務が廃止された。議会は地域の総合計画に対し、どうイニシアティブを発揮すべきか。 総合計画に議会としてどう向き合うべきかを考える。

基調報告「自治法改正で何が変わったか ~試される議会のイニシアティブ」菅原敏夫(地方自治総合研究所 主任研究員)
報告 「総合計画を議会が否決~形成過程の経過と課題」天野秀治(奈良市議会議員/総合計画検討特別委員会委員長)
報告 「栗山町総合計画条例の検討結果を振り返って」鵜川和彦(栗山町議会議長)
報告 「市議会による行政評価と総合計画の進行管理」上澤義一(飯田市議会議長)
報告 「議会としての責任を果たす~総合計画審議を振り返って」大同衛(京丹後市議会議員)

◎第3分科会「復興計画と議会」
大規模災害からの復興のあり方を包括的に決定する「復興計画」。時間的制約の大きい復興計画の策定過程に、議会はどのように関与していくべきか。市民参加のあり方なども含みつつ、「復興計画」のあり方と議会の役割を討議する。

◎特別分科会 於:龍谷大学 深草学舎 21号館 604号室
「議会議員の能力開発を考える:報告と「質問力研修」デモンストレーション」
議会と長という二元代表制のもとで議会が果たす機能・役割の重要性が高まれば、それを支える議員の「力」はますます重要となります。本分科会では「市民の議会」を支える議員の政策形成能力の開発について、報告と本年1月に実施した研修のデモンストレーションを行います。議会での一般質問に焦点を当て、実際に行われた一般質問を議員自身とアドバイザーが分析・検証し、一般質問の機会を活用する「質問力」の伸長をめざす研修のデモののち、分科会参加者と質疑応答やグループワークを行います。

議員の質問力については、本会が発足する以前から、筆者ら数名の主要な関心事であり、HPにも展開、『川崎市議会白書2010年度』でも取り上げた。「学識者が私たちの活動に追いついてきた」とは、仲間うちの表現である。

      

« 議員評価は市民それぞれの観点から行うこと | トップページ | 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(2) »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/41050015

この記事へのトラックバック一覧です: 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(1):

« 議員評価は市民それぞれの観点から行うこと | トップページ | 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(2) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ