フォト
無料ブログはココログ

« 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(3) | トップページ | 川崎市は地方交付税の「交付団体」となる見込み~市長記者会見 »

2011年8月 6日 (土)

川崎市の滞納債権額(176億円)は個人市民税の“16%”

比較のアイテムがないので、川崎市の個人市民税1088億円と比較すれば、その16%である。
絶対値「176」だけでもびっくり仰天!滞納の内訳は、

国保料        123億円
介護保険料       6億円
生活保護費返還金 18億円
保育所運営負担金  2億円
住宅使用料      11億円 等

滞納債権合計   176億円

09年度の189億円よりも約13億円削減。強化体制が実ってきたというべきか。
ある意味で損な役回りに付いている職員は、ご苦労さんと労うしかない。

川崎市の2010年度滞納債権額は前年度より13億円削減、さらに対策を強化 神奈川新聞8/6
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108050033/

     

« 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(3) | トップページ | 川崎市は地方交付税の「交付団体」となる見込み~市長記者会見 »

川崎市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/41104948

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市の滞納債権額(176億円)は個人市民税の“16%”:

« 『市民と議員の条例づくり交流会議2011』に参加(3) | トップページ | 川崎市は地方交付税の「交付団体」となる見込み~市長記者会見 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ