フォト
無料ブログはココログ

« 鎮魂を込めた入魂の力作~河北新報「変えよう地方議会」 | トップページ | 川崎市議会・大島明議長「議会改革の前進」を宣言! »

2011年9月20日 (火)

サッカー場ができても良かった新川崎A地区が産業エリアへ変貌

新川崎地区はともかく“だだっ広い”空き地。サッカー場が一つだけではなくて、いくつも作れた、と言うのはオーバーな話かも知れないが。

Thumbnail

下記の報道から掲載しているが、これによれば、東洋一の規模として知られた新鶴見操車場の跡地。

新川崎駅は横須賀線が東海道線と一緒の線路で横浜から川崎、品川へ走っていたのを新幹線に並行して走る貨物線の線路へ切り替えたときに、新設された駅。

当初は、ほとんどお乗客がいない閑散としたプラットフォームだったと記憶している。尤も、新横浜駅だって当初は同じであっただろう。

新川崎A地区に企業続々、「テレカルト」進出で残り1区画に カナロコ 9月12日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1109110021/

     

« 鎮魂を込めた入魂の力作~河北新報「変えよう地方議会」 | トップページ | 川崎市議会・大島明議長「議会改革の前進」を宣言! »

産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/41850620

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー場ができても良かった新川崎A地区が産業エリアへ変貌:

« 鎮魂を込めた入魂の力作~河北新報「変えよう地方議会」 | トップページ | 川崎市議会・大島明議長「議会改革の前進」を宣言! »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ