フォト
無料ブログはココログ

« 川崎臨海部、ライスサイエンス分野の国際的開発拠点 | トップページ | 『市民による川崎市議会白書 2011年度版』近日刊行 »

2011年10月20日 (木)

地方自治体での労働者の再教育

経済のグローバル化は、先進国の労働者へ大きな衝撃を与える。
開発地上国の労働者は経済成長と賃上げが期待できるが、
先進国では特に単純労働ほど、開発地上国の経済成長の影響を受ける。
簡単には、開発地上国並みの賃金へ移行するドライブがかかる。
それほど単純ではないが…。

この傾向に対して、労働者はスキルを身につけて、自らの仕事を選んでいくことが必要だ。
米国では、職種転換は日本より盛んだ。
しかし、それでも「NASA」のような高級技術者だけではなく、一般的な労働者にも切実になっている。

再教育に望みを託す米国の失業者
2011.10.18(火) Financial Times
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/26026

日本の地方自治体、特に大都市では、このような労働者の再教育が必至である。
経済対策といえば「バラマキ」では、今でも対応できなくなっている。
しかし、川崎市では、まだ、転換がみられないのではないか。

         

« 川崎臨海部、ライスサイエンス分野の国際的開発拠点 | トップページ | 『市民による川崎市議会白書 2011年度版』近日刊行 »

生活環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/42602695

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治体での労働者の再教育:

« 川崎臨海部、ライスサイエンス分野の国際的開発拠点 | トップページ | 『市民による川崎市議会白書 2011年度版』近日刊行 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ