フォト
無料ブログはココログ

« 優秀なブレーンが集まる大阪市長・橋下徹氏 | トップページ | 『住民との直接対話集会』開催を議会改革の目標に~公明党が決意表明~ »

2011年12月29日 (木)

大震災での最大の危機は『ガバメントの喪失』~のほほんムードの川崎市議会

議員の方と話したり、震災関係の市内シンポジウムに参加したりしていていると、
物理的な問題点に関する議論はあるが、『ガバメントの喪失』に関する問題意識に、出会ったことがない。

南三陸町議会の議長が犠牲になった。副議長が代行できるのだが、復旧・復興への姿勢を示すには新議長が必須と議会は考えた。

しかし、「行方不明」では、新議長を選出できない。会議欠席に対する懲罰・除名を除いては!結局、一か月半の後、死亡が確認され、漸く新議長を選出できた。
(『変えよう地方議会』「序にかえて 東日本大震災と地方議会」P13 河北新報社編(公人の友社))

首長が亡くなって選挙ができない状態も考えられる。このときは、議長どころの騒ぎではないはずだ。ガバナンスが立ち行かなくなる。

非常時に決定することは平常の状態を超えた想定外のことも大いにあり得る。いや、それが本質であろう。従って、選挙で選ばれた人間だけが責任を負えるはずだ。
このとき、議会が何かをしなければならない(例えば、議長が臨時市長になる)。

また、議員の方の多くは、ボランティアについて語る。しかし、その役割はボランティアの先頭を切ることではない。政令市・川崎市は140万人の人口で行政区は7つある。各区において状況を把握し、適切な緊急措置をとるように、議会で議決が必要になる。

平常時で訓練しておかないと対応できるわけではない。各区選出議員団会議を今すぐにでも正式会議にして“想定外災害発生条例”の制定を目指す必要もあるのではないか。

26日(月)に開催された市民団体主催の「防災関連シンポジウム」において、上記の趣旨の発言をしてみたのだが…。手ごたえはなかった。

また、そんな厳しい雰囲気を感じさせないのほほんムードで、何も議論せずに今年度最後の定例会は終わったようだ。
不思議だ!

      

« 優秀なブレーンが集まる大阪市長・橋下徹氏 | トップページ | 『住民との直接対話集会』開催を議会改革の目標に~公明党が決意表明~ »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/43549794

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災での最大の危機は『ガバメントの喪失』~のほほんムードの川崎市議会:

« 優秀なブレーンが集まる大阪市長・橋下徹氏 | トップページ | 『住民との直接対話集会』開催を議会改革の目標に~公明党が決意表明~ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ