フォト
無料ブログはココログ

« 相模原市議会、委員会のネット中継開始…川崎市議会は噂もない | トップページ | 原告控訴、領収書無しの支出は政調費にあらず~川崎市議会訴訟 »

2012年1月27日 (金)

議会改革の論議を再開~川崎市議会

議会改革に関する検討機関として新たに設置された「議会運営検討協議会」が始動した。
第1回会議…1月27日(金) 13時 第2庁舎
(次回は2月9日(木) 午後)
型通りのあいさつの後、この会の運営事項に関して討論した。
本来、スケジュールなどが座長から提示されるべきであるが、それがなく、各委員から期間、頻度について質問が出る始末で、やや不安定性を感じる。その分、各委員がフランクに発言しているので、少しずつ議論のできる運営になっていくことを期待したい。
1)摘録の作成方法
座長から発言者名は記載せずとの提案があったが、多くの委員は発言者の記載を主張、結局、記載に落ち着いた。

2)開催頻度
はっきり決まったわけではない。しかし、月1回では少ないとの各委員の意向は明確であった。
3)検討課題の優先順位
次回は「13 地方自治法第180条に基づく市長の専決処分事項の見直し」及び「9  会期の見直し」を検討することになった。その後、順次進めていくらしい。
どうも座長のリーダーシップが見られず、やや不安。
検討課題
 1  市長の決算審査特別委員会への出席
 2  区長の一般質問等への出席(予決特に関する部分)
 3  委員会傍聴の原則自由化
 4  質問経過時間等の表示
 5  代表質問のあり方、一般質問のあり方
 6  代表質問での一問一答方式等のわかりやすい質問方法の導入
 7  質問方式の見直しに伴う努力目標時間のあり方
 8  代表質問等での対面による質疑の実験
 9  会期の見直し
 10 予特委員会の常設化等の検討
 11 水曜日、金曜日開催の曜日及び日数等の検討
 12 請願・陳情の審査等の取扱いに関するあり方
 13 地方自治法第180条に基づく市長の専決処分事項の見直し
 14 請願・陳情提出者に対する委員会における意見陳述の機会の付与
 15 会議時間のあり方
 16 議案の提出方法
 メンバー
  石田康博 座長(自民党)    沼沢和明 副座長(公明党)
  尾作 均 委員(自民党)    浜田昌利 委員(公明党)
  織田勝久 委員(民主党)    井口真美 委員(共産党)
  月本琢也 委員(みんなの党)
         

« 相模原市議会、委員会のネット中継開始…川崎市議会は噂もない | トップページ | 原告控訴、領収書無しの支出は政調費にあらず~川崎市議会訴訟 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/43895572

この記事へのトラックバック一覧です: 議会改革の論議を再開~川崎市議会:

« 相模原市議会、委員会のネット中継開始…川崎市議会は噂もない | トップページ | 原告控訴、領収書無しの支出は政調費にあらず~川崎市議会訴訟 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ