フォト
無料ブログはココログ

« 橋下大阪市長が阿部川崎市長を圧倒! | トップページ | 「安定フライト」(H21年度)から「課題克服努力」(H24年度)へ~予算の命名の変遷から阿部・川崎市長の状況認識を読みとる »

2012年3月10日 (土)

川崎市議会・超党派・議員提案条例プロジェクト~吉沢章子議員のつぶやきから~

これだけからプロジェクトの中身はよくわからない。初耳だから、おそらく、正式な会議ではないだろう。

しかし、これこそ“議会改革”!!

先の統一地方選挙において川崎市自民党は「議員立法による政策条例の制定」を公約として掲げていた。これの実践として位置づけ、市議会をリードしてているとも考えられる。

吉沢章子議員(川崎市議会・自民党多摩区)が以下のつぶやき
(‏ @yoshizawaakiko)

「超党派での議員提案条例プロジェクト2回目の会議。児童虐待について条例化を目指す。2元代表制の地方議会はイデオロギーを超え、超党派で市民の為に出来ることは国より遥かに多い。それが地方議会の醍醐味でもあると感じる。大変な事も多いが向上心のある人と仕事をするのは楽しい。」

       

« 橋下大阪市長が阿部川崎市長を圧倒! | トップページ | 「安定フライト」(H21年度)から「課題克服努力」(H24年度)へ~予算の命名の変遷から阿部・川崎市長の状況認識を読みとる »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/44436191

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市議会・超党派・議員提案条例プロジェクト~吉沢章子議員のつぶやきから~:

« 橋下大阪市長が阿部川崎市長を圧倒! | トップページ | 「安定フライト」(H21年度)から「課題克服努力」(H24年度)へ~予算の命名の変遷から阿部・川崎市長の状況認識を読みとる »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ