フォト
無料ブログはココログ

« 議会改革への関心が薄いことが会議予定の掲示ミスに表れる川崎市議会のホームページ | トップページ | 田園都市線沿線 高齢化への対応の新たなまちづくり  横浜市と東急 »

2012年4月19日 (木)

災害に強いまちづくり、川崎市 防災計画見直し

川崎市 防災計画見直し(4月19日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20120419-OYT8T00085.htm

川崎市は防災体制の大幅な見直し作業を進め、「災害に強い街づくり」を急ぐ。
 津波の避難所、帰宅困難者の滞在施設を明示した、新たな地域防災計画を策定
 停電に備えて高層マンションに飲料水や食料の備蓄を求める

201204192831921n

潮位
 東日本大震災 川崎港 1・6メートル上昇。
  最大規模地震 最高3・7メートル津波
浸水 
 市中心部東南方向の住宅地 水深2メートル以下、
 臨海部の工業地帯 広範囲で浸水

津対策を強化
 川崎区の小中学校30校、市営住宅3か所等、3階建以上の40施設を津波避難施設に指定
 民間や県の施設の指定作業も進める
帰宅困難者
 主要駅周辺で一時滞在できる公有・民有施設の指定

 以上、
  5月末までに終了、新同計画案を6月末に公表
  公表後、パブコメ等、来年5月頃完成

マンションなど高層集合住宅の施設整備要綱を新たに制定
 10階以上の集合住宅 敷地内に停電時用トイレ設置
 5階ごとに飲料水や食料の備蓄

コンビニ店、ガソリンスタンド
 帰宅者に情報、飲料水、トイレを提供「災害時帰宅支援ステーション」拡充

市臨海部の企業
 津波警報、避難勧告を伝達する防災訓練の実施

      

« 議会改革への関心が薄いことが会議予定の掲示ミスに表れる川崎市議会のホームページ | トップページ | 田園都市線沿線 高齢化への対応の新たなまちづくり  横浜市と東急 »

社会基盤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/44947103

この記事へのトラックバック一覧です: 災害に強いまちづくり、川崎市 防災計画見直し:

« 議会改革への関心が薄いことが会議予定の掲示ミスに表れる川崎市議会のホームページ | トップページ | 田園都市線沿線 高齢化への対応の新たなまちづくり  横浜市と東急 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ