フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会・議運協議会は「議会改革できず」、単なる運営上の手続論だけ~予算特別委員会の常設化の議論は深まらず | トップページ | 議会主催・議会報告会で市民と議員が“噛み合う”まで5年間~会津若松市、目黒議長 »

2012年5月17日 (木)

川崎市の人口は依然として伸び、伸び率は減少~4月の最大移動時期を終えて~

4月の「年間最大移動時期」が終わり、統計が公表された。

川崎市の世帯数・人口(5月1日現在)
http://www.city.kawasaki.jp/press/info20120510_1/index.html

人口は143万6千人。対前年同月増減は+7千人であった。
依然として人口は伸びている。

一方、伸び率は減少している。対前年同月増減を年次で比較すると、以下のようになる。

 H21年度 +20千人
 H22年度 +13千人
 H23年度 +11千人
 H24年度 + 7千人

問題は自然増と社会増である。
自然増   325人(出生 1,065人、死亡 740人)
社会増 3,664人(転入 10,835人、転出 7,181人) 

実質的な全体人口はなかなか増えないのが現実である。

なお、政令指定市に関しては横浜市が毎月まとめて公表している。これからメルマガで配布されるはずだ。

        

      

« 川崎市議会・議運協議会は「議会改革できず」、単なる運営上の手続論だけ~予算特別委員会の常設化の議論は深まらず | トップページ | 議会主催・議会報告会で市民と議員が“噛み合う”まで5年間~会津若松市、目黒議長 »

基本計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/45294879

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市の人口は依然として伸び、伸び率は減少~4月の最大移動時期を終えて~:

« 川崎市議会・議運協議会は「議会改革できず」、単なる運営上の手続論だけ~予算特別委員会の常設化の議論は深まらず | トップページ | 議会主催・議会報告会で市民と議員が“噛み合う”まで5年間~会津若松市、目黒議長 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ