フォト
無料ブログはココログ

« 友好都市・瀋陽市が環境都市を目指す、川崎市が協力の覚書、実質的な友好関係を更に密へ | トップページ | 川崎市地下鉄事業、ようやく計画をクローズ~検討委提言 »

2012年5月29日 (火)

ランキングが最大の情報ではないはず~議会改革度の日経調査

毎年、雑誌『日経グローカル』に「議会改革度」のランキングが掲載される。本屋の店頭で立ち読みできる販売方法はとっていないため、断片的な情報だけが流れてくる。

日経神奈川県版では、県内ランキングを過日、記事にしていた。これによると、全19市のなかで、横須賀市が1位(全国22位)、川崎市は4位(全国94位)であった。マスメディア的なセンスから『ランキング』として公表することはいたしかたないのだが、筆者はランキングが最大の情報であるとの考え方に賛成しない。

何のためにこのような調査をするのだろうか。記事を読んでも判らない。上位にランクされた自治体はPR効果があるだろう。しかし、そんな効果よりも実際に行っている「改革」そのものが住民に評価されていれば、ランキングの効能など、何ほどのこともない。

また、ランキングの下位に置かれた自治体が奮起してマジメに改革に取り組み始めたという話も聞いたことがない。折角の調査であるから、しっかりと分析して有用な知見を抽出して頂ければ、と考えている。

      

    

« 友好都市・瀋陽市が環境都市を目指す、川崎市が協力の覚書、実質的な友好関係を更に密へ | トップページ | 川崎市地下鉄事業、ようやく計画をクローズ~検討委提言 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/45460726

この記事へのトラックバック一覧です: ランキングが最大の情報ではないはず~議会改革度の日経調査:

« 友好都市・瀋陽市が環境都市を目指す、川崎市が協力の覚書、実質的な友好関係を更に密へ | トップページ | 川崎市地下鉄事業、ようやく計画をクローズ~検討委提言 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ