フォト
無料ブログはココログ

« 「大阪都構想」5党同意の法案内容、政令市を基礎自治体へ解体可能に | トップページ | 「メールニュース」2012-03号(市議会6月定例会報告)~市民が整理する川崎市政の『論点』~ »

2012年7月10日 (火)

日本的な「横並び」と「ジョイントベンチャー」~川崎市の水ビジネス参入

成長著しいアシア諸国の社会インフラ整備の一環として、最近、脚光を浴びている『水ビジネス』、川崎市も乗り出した。

官民で水ビジネスを、川崎市が推進組織を設立/ 2012年7月9日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1207080019/

すでに東京都が猪瀬副知事を中心にPRしているが、神奈川県も負けてはいない。上記の神奈川新聞の記事の下にある関連記事リスト、

「横浜市
水ビジネスで世界へ、横浜市が協議会の参加企業募集/2011/1/22
神奈川県
水ビジネスを県が支援、水道業務で民間委託構想/2011/1/6
横須賀市
水ビジネス断念、組織統制に重い課題/2012/6/28」

この辺りを的確に表現しているのが皮肉っぽい。
大都市が“横並び”で乗り出し、“官民合同”という経産省のお株を奪った日本方式だ。

最近の国会事故調報告で“made in Japan" が話題になったが、本当に国家官僚に代わり、地方分権の波に乗って、地方自治体官僚の出番になったのか?

       

« 「大阪都構想」5党同意の法案内容、政令市を基礎自治体へ解体可能に | トップページ | 「メールニュース」2012-03号(市議会6月定例会報告)~市民が整理する川崎市政の『論点』~ »

川崎市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/46270418

この記事へのトラックバック一覧です: 日本的な「横並び」と「ジョイントベンチャー」~川崎市の水ビジネス参入:

« 「大阪都構想」5党同意の法案内容、政令市を基礎自治体へ解体可能に | トップページ | 「メールニュース」2012-03号(市議会6月定例会報告)~市民が整理する川崎市政の『論点』~ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ