フォト
無料ブログはココログ

« JR川崎駅西口、複合施設を整備、渋谷ほどではない? | トップページ | 林・横浜市長は東京への通勤・通学者を横浜市から追い出すの?~統計資料のからくり~ »

2012年8月30日 (木)

昼夜人口比率 横浜市 91.5 川崎市 89.5 相模原市 87.9

昼夜人口比率は首都圏を考えるうえで、重要な指標の一つ。これまでは、前回の国勢調査結果であったが、ようやく最新2010年版の結果になった。

横浜市昼夜間人口比率前回比較で1.1増加。横浜市政策局統計情報課はメルマガ形式で情報を積極的に公開しており、好感がもてる。

県内政令指定都市の昼夜人口比率は、
横浜市 91.5 川崎市 89.5 相模原市 87.9 。

首都圏の全貌は「東京・横浜・川崎・さいたま・千葉」をまとめて比較して判るであろう。

市の昼夜間人口比率が回復、林市長「企業誘致などの成果」/横浜
カナロコ 2012年8月30日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1208300007/

              

« JR川崎駅西口、複合施設を整備、渋谷ほどではない? | トップページ | 林・横浜市長は東京への通勤・通学者を横浜市から追い出すの?~統計資料のからくり~ »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/46875868

この記事へのトラックバック一覧です: 昼夜人口比率 横浜市 91.5 川崎市 89.5 相模原市 87.9 :

« JR川崎駅西口、複合施設を整備、渋谷ほどではない? | トップページ | 林・横浜市長は東京への通勤・通学者を横浜市から追い出すの?~統計資料のからくり~ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ