フォト
無料ブログはココログ

« 天皇の国事行為としての憲法7条衆院解散~片山前総務相の違憲説 | トップページ | 川崎市、地下室マンションの規制を横浜市並に »

2012年8月23日 (木)

生命の星・地球博物館~「地学」と「生物学」の世界

これは紹介になる。昨年、一昨年、神奈川県の事業仕分けに仕分け人として参加した。
このときのテーマの一つに『生命の星・地球博物館』があった。
http://nh.kanagawa-museum.jp/

46億年にわたる地球と生命の営みの神秘を実物資料やハイビジョンシアター、CGなどで実感できる新しいタイプの博物館だ。

この手の施設は、基本的に赤字、その妥当性を判断することになる。外野にいれば、即廃止も言えるだろが、仕分け人の立場に立つと、そうもいかない。

パンフ・資料を取り寄せ、読んで見ると学芸員の方たちの熱心さ、展示の工夫など、惹かれる処が多々あった。「地学」と「生物分類学」という受験からは遠い学問の分野を基礎とするが、スケールの大きさは物理、化学とは別のものを感じさせる。

ただ、難点は小田原市にあることで、京浜地区からはいささか遠い。それでも健闘し、以下の記録を達成した。

生命の星・地球博物館、入館500万人突破/
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1208030018/

         

« 天皇の国事行為としての憲法7条衆院解散~片山前総務相の違憲説 | トップページ | 川崎市、地下室マンションの規制を横浜市並に »

行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/46801491

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の星・地球博物館~「地学」と「生物学」の世界 :

« 天皇の国事行為としての憲法7条衆院解散~片山前総務相の違憲説 | トップページ | 川崎市、地下室マンションの規制を横浜市並に »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ