フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市議会は「委員会日程」に表記せず~虐待防止条例の「議員提案・事業報告・審議」 | トップページ | 市民へ日程の開示無しに委員会審議は続く~議員提案・児童虐待防止条例関連 »

2012年9月30日 (日)

議員が条例を提案するとき~市民が情報を得られない川崎市議会~

議員提案・虐待防止条例案の本日審議が報道されたが、議会HPには予定・議案の掲載はなかった。議会としては、とんでもない広報!以下、情報がほとんどないので、憶測、推定で書かざるを得なかった。

ともかく、川崎市議会市民委員会審議を傍聴へ、何を期待したのか?それは議員間討論!提出された「骨子案」を資料としてHP上に添付し、論点を提起しておくとPRになる。
本来は9月定例会の議題に何らかの形で掲載しておくべきだ。骨子案(9/27)から採択予定(10/3)までの期間、それも市民へのPRはなく、市民にわからない処で素早く処理するのでは、報道にあるような「市民意識を高める」ことにはならない。これでは、パブコメも実施できない。

今回、提案に共産党、無所属議員が入っていないことだけが、市民がこの案件を知る手がかりとなっている。これはおかしいのではないか?

       

川崎市議会初の議員提案・政策条例である「避難所運営条例」は委員会、本会議を通して質疑は何もなかった。単にシャンシャン決定であった。これは、会派・無所属議員が全部了解のもとで行ったからである。また、これを「おかしい!」と指摘した報道もなかった。報道機関のレベルも良くわかるプロセスではあった。

話を戻して、川崎市議会の建屋に着いて議会局に行く。予定表には虐待防止は「事務事業報告」になっている。これも少し驚いた。通常では、「事務事業報告」はすべてHPの日程には書かれている。新聞では議員提案と記事になっているから、ますます怪しい感じだ。

カラクリが分かった。議員プロジェクトで骨子を固め、行政に状況報告も含めてコメントを求め、骨子を修正して議員提案に持ちこむという仕掛けのようだ。川崎市議会は自らの力で虐待防止条例案を作りきることが出来ないか、これは議会局に法制機能がないためか、問題だ!

2時スタート予定が待ちぼうけ!3時を過ぎてなにやっているのか、行政側の人間も暇で雑談せざるを得ない、気の毒。だが、無駄に人件費という税金を使っている! 漸く始りそうで、傍聴席を下げて議員の席を作っている。委員会外の議員参加の是非で揉めていたようだ。だが、始まらない…5時少し前、おそらく、審議をせずに月曜日に持ち越しの模様、帰ろうか!

     

« 川崎市議会は「委員会日程」に表記せず~虐待防止条例の「議員提案・事業報告・審議」 | トップページ | 市民へ日程の開示無しに委員会審議は続く~議員提案・児童虐待防止条例関連 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47259236

この記事へのトラックバック一覧です: 議員が条例を提案するとき~市民が情報を得られない川崎市議会~:

« 川崎市議会は「委員会日程」に表記せず~虐待防止条例の「議員提案・事業報告・審議」 | トップページ | 市民へ日程の開示無しに委員会審議は続く~議員提案・児童虐待防止条例関連 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ