フォト
無料ブログはココログ

« 神奈川県「県緊急財政対策」、知事と市長たちとの議論かみ合わず | トップページ | 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 »

2012年10月30日 (火)

ぜんそく患者、世界に2億人超(WHO)~川崎市は火力発電増強の影響が懸念

世界保健機構(WHO)に全世界にぜんそく患者は2億人超いるという。ぜんそくと言えば公害問題である。原発が停止し、火力に頼らざるを得なくなっている状況において、川崎市臨海部では、その増強が図られているのは当然である。

温暖化でぜんそく増加も 世界に2億人超とWHO
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102901002490.html
東京ガス・JX、川崎の火力倍増…東電と競争へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120722-OYT1T00029.htm

新たな施設の建設は、華やかに報道されるが、旧式の施設も稼動させて、急場を凌いでいる状況であろう。これが公害問題として脚光を浴びることはないだろうが、健康への影響は、何らかの形であらわれるはずだ。その面から言えば、原発を再開し、火力への依存度を減らしていきたい処である。この点に関して、川崎市議会で論点として提起した議員はいないようだ。

現状では、工場からの排気及び自動車からの排気が問題になり、特に後者の影響が大きくなっているだ。過去の市議会での議論から引用してみる。

平成23年12月健康福祉委員会記録
「議案第200号 川崎市成人ぜん息患者医療費助成条例の改正」
「請願第18号 成人ぜん息患者の医療費無料化等を求める請願」

【川崎となると、公害の都市ということで、そういった公害被害が多い中でぜんそく患者が非常に多くて、行政としても、その中でそういう方たちの改善を求めるということで、この助成制度がスタートをしたのかと思うんです。その大もとは公害によるという状況だったと思うんですが、最初、川崎区、そしてまた、幸区で公害によってぜんそく患者が多く発症したというそのもとになった公害の状況は、今の市の状況としては軽減をしてきているという様子でしょうか。』

『公害というのは大きく分けて2種類ございまして、固定定点を発生源とするものがありまして、つまり、工場等です。それから、今回一つの議論となっています道路、つまり、自動車等の移動定点を発生源とするものがありまして、御存じのように、川崎の公害は工場等の固定定点を発生源とする汚染ということから始まって、それが徐々に道路の問題に移行してきたということでありますが、東京の公害裁判でも明らかなように、道路の問題は川崎に限局したものではなくて、全国共通の問題である。そういう認識にとらえるべきだと思っております。また、工場は川崎重工業地帯で非常に多かったという特異性があることから、この固定定点については、川崎とか大都市、東京の一部とかに特有なものであったということが言えるのかと思います。』

       

« 神奈川県「県緊急財政対策」、知事と市長たちとの議論かみ合わず | トップページ | 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 »

行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47645371

この記事へのトラックバック一覧です: ぜんそく患者、世界に2億人超(WHO)~川崎市は火力発電増強の影響が懸念:

« 神奈川県「県緊急財政対策」、知事と市長たちとの議論かみ合わず | トップページ | 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ