フォト
無料ブログはココログ

« 議員提案・子どもを虐待から守る条例が成立(予定)~「市民としての義務」を改めて考えさせる | トップページ | 市民税500円増税 9月定例議会で可決成立 »

2012年10月 4日 (木)

東京新聞は市長の意図を外して市民をミスリードしたか?~セシウム検出食材 給食使用~

東京新聞が9月4日の川崎市長記者会見を以下のように記事にした。
『セシウム検出食材 給食使用/市長「危険知ることが大事」』
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-date-20120911.html

これがネット上で流れ、批判される状況を導いたようだ。しかし、この時点では記者会見の記録は公表されていない。確かめられる状況ではなかったが、確かめもせず騒ぐ人はいるのだ。特にツイッター上では無責任情報が横行しているようだ。

川崎市では2週間後に会見記録をネット上に公表する。
http://www.city.kawasaki.jp/25/25koho/home/kisya/kisya.htm
また、学校給食に使用する食材の放射能濃度検査結果も掲載している(現在は9月公表分)。
http://www.city.kawasaki.jp/88/88kenko/JHschoolLunch/housyanoukensakekka20120919.pdf

なお、新聞に書いてある「冷凍ミカン9.1ベクレル/Kg」は以前に明らかにされたことであり、6月定例議会で議員から質問がでた。これは数値の大小の問題としてではなく、「数値として問題ないこと」及び「適切な表現で市民に知らせること」を切り口にしている。当然だが、議会ではそれ以上、問題にはならない。行政も当たり前のことを当たり前のように継続している。筆者は「議事録」すべて目に通しているから、この件は知っていた。

そこで、何とも胡散臭い表現であることは新聞を見て直ぐ判った。

また、神奈川新聞及び東京新聞も含めて主要の新聞の神奈川県版は日頃、ネットでチェックしている。しかし、このニュースはネットニュースには掲載されなかったようだ。東京新聞もこの表現では、それほど重要なニュースとは言えないと考えたと推察する。

しかし、確かめる必要を感じたので、会見記録が公表された後に中味を確認した処、やっぱり、であった!マスコミは市長が市民へ伝えたいことを先ず書くことが必要ではないか、読者も当然それを欲しているはずだ。では、市長は「危険知ることが大事」と第一に言いたかったのか?否である!

以下、記者会見での市長の発言を伝えよう。
<行政としての判断>
「安全圏内のものを安全でないという具合に断言することは、影響が大きいので、私はやりません。行政としては正しくないと思っています。正式に安全と断言しているものについて、行政でこれはだめですと差別するというのは逆差別になりますのでね。原発関係については、きちんと調査した中での安全圏ですから。野放しになっているものと比べても、逆に安全度が高いという判断です。不確実なおそれに対してびくびくして行政をやるというのは正しいことではありません。」

「そのレベルでびくびくするという教育をするほうが間違っていると、私は思います。」(東京新聞の引用箇所)

<数値について>
「程度の問題があると思うのですね。100ベクレル以下ということなので、50とか、70という値が出れば、それは政府が安全と言っていても念のためという判断の材料にはなります。ですから、1キログラム当たり1.幾つで50グラムになると0.00とか、そういうレベルですから。もう十分下がっています。安全なところまで下がっているから心配しないでくださいと言っているのです。」

「車が道路走っていたら車にぶつかる可能性があるわけですよね。そういう危険度の中で、人間は生活しているのです。だから、そのことを子供たちが知ることが大事なのです。赤の他人とすれ違っても刺される可能性だってあるのです。それでは、人とすれ違うなという教育しますか。そんなにびくびくしないでというわけです。」(東京新聞の引用箇所)

本来、市民へ言いたかったことは次のことである。
<行政としての判断>
「きちんと測定し、安全圏内に入っており、安全と言うのが行政として正しい態度」
<数値の判断> 
「基準値に対して安全な処まで下がっているから心配しないで下さい」

新聞に書かれていることは、市長が付け足した言葉尻だけを捉えて本質から反らすことでしかない。検出の有無は装置性能の指標であって、使用の可否の判断基準にはならない。従って、使用する装置の検出限界は判断基準より小さい値であることが必要なだけだ。

東京新聞の記事は、市長の意図を外して市民をミスリードする書き方である。結果として、川崎市政を何らかのかたちで誤解した人もいたのだ。改めてマスコミ報道の問題点を身近に感じた事案であった。

            

« 議員提案・子どもを虐待から守る条例が成立(予定)~「市民としての義務」を改めて考えさせる | トップページ | 市民税500円増税 9月定例議会で可決成立 »

報道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47307558

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞は市長の意図を外して市民をミスリードしたか?~セシウム検出食材 給食使用~:

« 議員提案・子どもを虐待から守る条例が成立(予定)~「市民としての義務」を改めて考えさせる | トップページ | 市民税500円増税 9月定例議会で可決成立 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ