フォト
無料ブログはココログ

« 川崎市政における「仕組債」購入、消防防災指導公社~東日本高速道路社からの40年分の仕事~ | トップページ | 「仕組債」購入を正当化する管理規定を作成、消防防災指導公社~竹田議員の追及~ »

2012年10月22日 (月)

神奈川県、財政危機宣言?~財務局は仕事をしているのか?

神奈川県、財政危機宣言?~財務局は仕事をしているのか?

2020年頃に義務的経費(公債費(借金返済)、教育費、福祉費等)が、歳入総額を上回ると、県は試算を公表。

義務的経費 現在 約1兆4400億円(当初予算ベース)
      20年 約2兆円(歳入総額超過)
      33年 約2.3兆円

歳入    現在 約2000億円増加(17年度以降)

      13,14年度の2年間 約1600億円の財源不足

県は「財政は危機的状況」として、
歳出削減などに理解を求めるため、今後、説明会を実施。
緊急財政対策本部を発足。
全県有施設、県単独補助金をゼロベースから見直す。

これまでも財政対策はしてきたはずである。このザマで財務局は仕事をしてきたのか?何度も書くが、太陽光発電の補助などは第一にやめるべきだ。

神奈川県試算:財政対策しなければ
…2020年ごろ義務的経費、歳入上回る 諸政策不可能に
毎日新聞 10月21日
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20121021ddlk14010104000c.html

         

« 川崎市政における「仕組債」購入、消防防災指導公社~東日本高速道路社からの40年分の仕事~ | トップページ | 「仕組債」購入を正当化する管理規定を作成、消防防災指導公社~竹田議員の追及~ »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47545818

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県、財政危機宣言?~財務局は仕事をしているのか?:

« 川崎市政における「仕組債」購入、消防防災指導公社~東日本高速道路社からの40年分の仕事~ | トップページ | 「仕組債」購入を正当化する管理規定を作成、消防防災指導公社~竹田議員の追及~ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ