フォト
無料ブログはココログ

« 政令市の中で「議会改革」が大幅に遅れる川崎市と横浜市~「請願・陳情提出者の意見陳述」から | トップページ | 要望書提出後5年、よやく会議資料をHPから閲覧へ~遅々として進む川崎市議会改革 »

2012年11月21日 (水)

会派と政党はどう違う~言葉のマジック~

川崎市議会・小田理恵子議員の人気“議員マンガ”、「とある議員の日常」で『会派と政党』について書かれている。
http://odarie2.seesaa.net/archives/20121105-1.html

地方議会では、議員は何人かがグループにまとまって、そのグループの意思として物事を進めようとします。このグループのことを『会派』といいます。これは議会内での活動にあたってのまとまりのため、政党とは全く別物です。

本当に「全く別物」だろうか。そかし、直ぐその後で、川崎市議会では、会派名は政党名に一致していることも書かれている。どは、どちらが先にあったのかとい言えば、政党ではないか。

彼女は確か、会派・+++の党だったかな?ところで、政党・+++の党もあって、では、どちらが先にあったのか?政党・+++の党ではないだろうか。これで、全く別物であったら、政党・+++の党から会派・+++の党へ文句がついても言い訳ができないのではないか?

実は「党」のイメージは比較的悪い。党派といえば、なにか凝り固まって閉鎖的に事をたくらむ集団、とのイメージをもつ。良い人/悪い人は使われる、しかし、「悪党」はあっても「良党」はない。「不偏不党」からは、「偏=党」になる。

伊藤博文が政友会を創るときに、「~党」という名前を嫌ったといわれている。

マンガでこの辺りもわかり易く説明して頂ければ、みなさん、もっと地方自治に関心を持つのではないか?

        

     

« 政令市の中で「議会改革」が大幅に遅れる川崎市と横浜市~「請願・陳情提出者の意見陳述」から | トップページ | 要望書提出後5年、よやく会議資料をHPから閲覧へ~遅々として進む川崎市議会改革 »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47921807

この記事へのトラックバック一覧です: 会派と政党はどう違う~言葉のマジック~:

« 政令市の中で「議会改革」が大幅に遅れる川崎市と横浜市~「請願・陳情提出者の意見陳述」から | トップページ | 要望書提出後5年、よやく会議資料をHPから閲覧へ~遅々として進む川崎市議会改革 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ