フォト
無料ブログはココログ

« 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 | トップページ | どうした多摩市議会!課題に対して具体的政策は議論できないのか? »

2012年11月 1日 (木)

「議会公報」から川崎市政の「課題・論点・争点」は捉えられない

昨日の記事で、会派代表質問の内容を「議会」としてまとめ、川崎市政での「課題・論点・争点」を明らかにすることが必要だと書いた。11月は議会公報が配布される。いや、すでに配布されているところもあるだろう。最寄の駅などにも置いてあるはずだ。

しかし、残念ながら、「議会公報」から川崎市政の「課題・論点・争点」は捉えることはできない。何故だ?それはこの公報が、議員発言を寄せ集めただけだからだ!

要するに、“羅列”はするが、“構造化”されていないのだ。従って、市政の全体像を得ようとすれば、当会が行っているように、質問を政策ごとに分類し、マクロな意味での上記の「課題・論点・争点」を捉える試みが必要になる。

       

« 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 | トップページ | どうした多摩市議会!課題に対して具体的政策は議論できないのか? »

川崎市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47677401

この記事へのトラックバック一覧です: 「議会公報」から川崎市政の「課題・論点・争点」は捉えられない:

« 会派代表質問の内容を「議会」としてまとめることが必要 | トップページ | どうした多摩市議会!課題に対して具体的政策は議論できないのか? »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ