フォト
無料ブログはココログ

« 平成23年度「市長への手紙」年報を公表 | トップページ | 東京都は単独参加で良いのか?~首都圏9都県市首脳会議 »

2012年11月13日 (火)

1万5千冊以上の社史を所蔵、県立川崎図書館

神奈川県立図書館閲覧・貸し出し廃止検討、再考求める声広がる
2012年11月11日 カナロコ
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1211110013/

県立図書館における貸し出しと閲覧について、廃止検討を打ち出した県教育委員会。黒岩知事の財政危機宣言を受けた措置だ!

横浜、川崎の特色ある2館は、豊富な蔵書を誇り、半世紀以上にわたり県民の「知の拠点」という役割を担ってきた。

緑豊かな落ち着いた雰囲気に包まれた横浜市西区紅葉ケ丘の県立図書館。

全国トップクラス、1万5千冊以上の会社史(社史)を所蔵する県立川崎図書館。
その特色を生かし、図書館機能にとどまらぬ貴重な存在になっている。
同図書館と並び、国内有数の社史の所蔵で知られる大阪府立中之島図書館(大阪市北区)とは「社史グランプリ」を共同企画。「工都」と「商都」に立地する特色ある図書館ならではの魅力を発信している。

「貴重な蔵書はもちろん、図書(情報)の収集、整理、提供といったノウハウ、機能は残してほしい」。

         

« 平成23年度「市長への手紙」年報を公表 | トップページ | 東京都は単独参加で良いのか?~首都圏9都県市首脳会議 »

社会基盤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47825645

この記事へのトラックバック一覧です: 1万5千冊以上の社史を所蔵、県立川崎図書館:

« 平成23年度「市長への手紙」年報を公表 | トップページ | 東京都は単独参加で良いのか?~首都圏9都県市首脳会議 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ