フォト
無料ブログはココログ

« 1万5千冊以上の社史を所蔵、県立川崎図書館 | トップページ | 県立図書館の役割・機能~神奈川県は基本からの議論を »

2012年11月14日 (水)

東京都は単独参加で良いのか?~首都圏9都県市首脳会議

首都圏9都県市とは、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県と横浜、川崎、相模原、千葉、さいたまの5政令指定都市である。

東京都の人口は約1,200万人。一方、神奈川県は約900万人、このなかで横浜市約370万人、川崎市約143万人、相模原市約70万人、政令市を合わせると、約580万人、神奈川県の残りは320万人で全体の約1/3だ。千葉、さいたま市も100万人程度であろうから、千葉、埼玉両県も神奈川県と事情は同じであろう。

問題は、東京都。」首都圏の中心となる千代田区とその周辺区、一方、ベッドタウンそのものである多摩地区、それぞれ広域連合等が必要にも思えるが、おそらく絶対的な権限を握る都庁部局は自らがコントロールするつもりであろう。

一方、区部、支部の首長は「必要なのは金であって」「自治ではない」と内心は思っている節がないではない。

林・横浜市長は、「持続可能な都市づくりには快適でコンパクトなまちづくりが必須。共通認識を深め、国の制度化に向けた検討や取り組み事例の共有を図るべき」と提案した。阿部・川崎市長も「コンパクト派」であるから賛同した。

横浜市、川崎市は基本的にはベッドタウン、従って、人口は多いといえども千代田区周辺区部、大阪市、名古屋市とは事情が異なる面もある。

今回の発言はそのことを象徴的に表しているようだ。

9都県市首脳会議、人口減で研究会
2012年11月14日 カナロコ
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1211130038/

        

« 1万5千冊以上の社史を所蔵、県立川崎図書館 | トップページ | 県立図書館の役割・機能~神奈川県は基本からの議論を »

住民自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/47839046

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都は単独参加で良いのか?~首都圏9都県市首脳会議:

« 1万5千冊以上の社史を所蔵、県立川崎図書館 | トップページ | 県立図書館の役割・機能~神奈川県は基本からの議論を »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ