フォト
無料ブログはココログ

« 屋外スポーツ施設の整備計画が多摩川河川敷で進む~多目的広場も増える | トップページ | 総選挙・川崎市の得票~「麻生区・多摩区」市民は意地を見せたか »

2012年12月13日 (木)

東京都知事選に対する「金持ちイデオロギー」~政治的説得力はなさそう~

地方自治の視点から「東京」は何と見えるのだろうか?ある日、新宿に忽然として登場した都庁なるものはカフカ流に言えば、現代の “城” だ!
住民に身近な自治体ではなく、国家的規模の政府を、その城がコントロールしているのだ。そして、オリンピック開催、知事選のとき以外はマスメディアの騒ぎはない。
その知事選も投票日を迎える。衆院選挙に押されて、今回は影が薄いが、その挽回を図るべく健筆を振るった人がいる。
藤沢数希氏は某外資系投資銀行勤務で、かつ、著名なブロガーだ。
思い切りの良い以下の提案、都民は眼中になく、当選が確定とマスメディアに伝えられる猪瀬直樹氏に対してであろう。題して、

「金持ちの税金を安くするだけで東京はアジアで圧倒的に一人勝ちできる」
http://agora-web.jp/archives/1506461.html

1)日本の国政は、自民党も、民主党もそれほど変わらない。変わる可能性があるのは世界最大の都市・東京だ。
2)多額の個人資産と高額所得を有する日本の富裕層がシンガポールや香港に移住。理由は税金が高いこと、法人税40%、所得税の最高税率は住民税と合わせて50%。
3)日本の税収が減る、結局、福祉へ回せる金が減る、弱い物へしわ寄せが行く。
4)日本は税金さえふつうにすれば、アジアの中で圧倒的に一人勝ちできるポテンシャルを秘めている。

最初は東京の話だったが、結局、日本の金持ちの税金を下げろ、といっているのだ。
ある種の経済合理性をもっていると筆者は感じるが、それで政治家を説得できるだろうか?とても無理に思える。

これは極端な例(金持ちイデオロギー)だ。しかし、自由主義経済論が世の中に対して(その代弁者を任じる政治家に対して)、十分な説得力を持てない理由が象徴的に表れているようだ。

       

« 屋外スポーツ施設の整備計画が多摩川河川敷で進む~多目的広場も増える | トップページ | 総選挙・川崎市の得票~「麻生区・多摩区」市民は意地を見せたか »

世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/48309036

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選に対する「金持ちイデオロギー」~政治的説得力はなさそう~:

« 屋外スポーツ施設の整備計画が多摩川河川敷で進む~多目的広場も増える | トップページ | 総選挙・川崎市の得票~「麻生区・多摩区」市民は意地を見せたか »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ