フォト
無料ブログはココログ

« 議会改革を推進する市民団体「ザ・ギャラリー茨木」の紹介 | トップページ | 年頭・阿部川崎市長記者会見の話題(2)~今後の課題 »

2013年1月21日 (月)

年頭・阿部川崎市長記者会見の話題(1)~滋賀県・嘉田知事について

記者:
滋賀県の嘉田知事が、どうも政党のほうの代表を退く見通しのようなんですけれども、首長が首長であり続けながら国政に出ていく現状と、選挙が終わってこういう状況になって、やっぱり無理でしたと退く状況について、お考えを。
市長:
みっともないね。みっともないですよ。やるならやったらいいじゃないですか。橋下さんみたいにね。だから、小沢さんのグループのお先棒を担いでわっと騒いで、だめだったから、じゃ、おろすと。ちょっと軽過ぎるのではないですかね。やることがね。

記者:
関連して、首長と参議院議員の兼職ということについては、市長は。
市長:
賛成です。ただし、今の制度じゃ不可能ですよ。ですから、例えば参議院については、全国の首長について一定割合を受け入れて、そのかわり参議院の会議については、あらかじめ何曜日にするとか、そういう決め方をして、あらかじめスケジュールがわかるような形で運営をしないと無理でしょうね。

特に小さい自治体の長、人口10万人以下ぐらいの市長だとか町村長が国政に意見を言う場として、参議院というのは非常にいい場所だと思いますよ。政令市の場合はちょっと難しいと思うんですけどね。

記者:
市長は、国政へという考えはございますか。
市長:
私はわざわざ地方自治を選んだのですからね。(笑)国政というのはちょっと考えないですね。若いころは考えないわけでもなかったですけど。

      

« 議会改革を推進する市民団体「ザ・ギャラリー茨木」の紹介 | トップページ | 年頭・阿部川崎市長記者会見の話題(2)~今後の課題 »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/48873973

この記事へのトラックバック一覧です: 年頭・阿部川崎市長記者会見の話題(1)~滋賀県・嘉田知事について:

« 議会改革を推進する市民団体「ザ・ギャラリー茨木」の紹介 | トップページ | 年頭・阿部川崎市長記者会見の話題(2)~今後の課題 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ