フォト
無料ブログはココログ

« 『テーマ 市民と議会の対話をどうつくる?』 市民と議員の条例づくり交流会議ワークショップ | トップページ | 川崎市議会改革が進展、初の住民参加「請願提出者の委員会での意見陳述」を実施へ »

2013年3月 7日 (木)

アベノミクス、負の効果~中小企業の倒産

下記の記事は地方紙あるいは地方版でしかみられない“小さな規模”の現象に違いない。
しかし、円安は輸出大企業には大きな効果はあるが、消費者には広く薄く、中小企業には集中に過酷に影響を与える。

2月の県内企業倒産件数、3カ月連続で前年上回る/東京商工リサーチ調査
カナロコ 2013年3月7日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1303070003/

東京商工リサーチ横浜支店がまとめた2月の県内企業倒産件数は、前年同月比4・1%増の51件となり3カ月連続で前年を上回った。安倍政権の経済政策により景況観測は改善を示す一方で、倒産動向は楽観できない状況にあることが分かった。

 負債総額:6・3%増、55億6100万円。
 業歴10年以上の中小、中堅企業が長引く景気低迷に体力を奪われ、事業継続を断念するケースが目立った。

 倒産の原因:販売不振など「不況型」…74・5%。
 業種別:「建設業」、「サービス業」が15件ずつで。
 職人不足、建設資材の高騰→中小工事業者は負担重く、建設業倒産件数悪化傾向

 「円安の進行」…輸入原料高騰が製造業、食品関連、運輸業の収益性に影響
  円安・公共工事予算増恩恵…大手企業享受
  中小企業…資金調達余力乏しい→黒字倒産も懸念

       

« 『テーマ 市民と議会の対話をどうつくる?』 市民と議員の条例づくり交流会議ワークショップ | トップページ | 川崎市議会改革が進展、初の住民参加「請願提出者の委員会での意見陳述」を実施へ »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363842/50639985

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクス、負の効果~中小企業の倒産:

« 『テーマ 市民と議会の対話をどうつくる?』 市民と議員の条例づくり交流会議ワークショップ | トップページ | 川崎市議会改革が進展、初の住民参加「請願提出者の委員会での意見陳述」を実施へ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ