フォト
無料ブログはココログ

日本政府

政府

2011年3月18日 (金)

原発事故の対応は、ミッドウェイ海戦の惨敗を想起させる

統一地方選を延期しようという川崎市議会・民主党の一部議員の動きがある。

政治家としてこんなピントはずれなことはないだろう。やるとすれば、原発事故の最悪事態を見据えた対策を直ちにとることに声をあげなければならないはずだ。政治家として、管総理を頂点とする民主党のトップリーダーに対してである。

戦力的に圧倒的な有利の状況のなかで、官僚機構の惰性、通常の規則に支配された思考によって無惨な敗戦に追い込まれたミッドウェイ海戦!

米海軍と日本海軍の『時間をめぐる決断の闘い』でもあった!

その敗戦責任者とお付の作戦参謀は生き残り、
鋭い発想で即時の決断を進言…その後も戦艦・飛龍で反撃した…山口多聞少将は、生き残った兵士を撤退させ、自らは最後に鑑と共に海に沈んだ。

今回の事故がミッドウェイ海戦と同じ最悪の悲劇から避けられることを祈るのみ、対応に奮戦する技術者に望みをかける。

これもまた、『時間との闘い』、核反応という意思のない・見えない相手に対する…である。

菅首相は東電に乗りこんで怒っている場合か
原発事故の対応に見る旧日本軍の悪しき伝統
2011.03.16(Wed)  木下 敏之 
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5654

『…これまでの各組織の一連の記者会見の様子や、菅総理のご立腹の様子を見ていると、「内閣府や経済産業省の上級幹部が前線に出張っていって、そこで直接現場の情報を手に入れる」ということは行われていないようです。
 「上級幹部が前線に出ていかない」という戦前の日本軍以来の伝統が今回も繰り返されているのではないか、ということが気になります。…』

原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る(2011年3月18日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00096.htm?from=main6

『…米側の支援申し入れは、原子炉の廃炉を前提にしたものだったため、日本政府や東京電力は冷却機能の回復は可能で、「米側の提案は時期尚早」などとして、提案を受け入れなかったとみられる。…』

日本政府は危機感欠如、不信といら立ち募らす米(2011年3月18日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110318-OYT1T00344.htm?from=main5Check

『放射能漏れを起こした福島第一原発で事態の悪化に歯止めがかからないことに対し、米国では日本政府の危機感が欠如しているとの焦りが募っている。…
 米国社会は常にイラクやアフガニスタンの戦死者など冷徹な現実と向き合ってきただけに、日本政府の対応は手ぬるく映る。…』

  

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ